FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.16

ハイパーストラーダ初回点検

ハイパーストラーダ
現在の走行距離899km


納車して大体1ヶ月ほどですが、
走行距離も初回の1000kmに近づいていましたので
やや早いですが初回点検にバイクを預けてきましたー。

通常ならばオイル交換・点検整備で日帰りで終わりますが、
今回は納車時に頼んでいたDUCATIの純正グリップヒーターも
点検ついでに取り付けてもらう手はずなので
1両日預けることに。


…のはずでしたが。



預けにお見せにいくと早々切り出された内容が
「グリップヒーター間に合いません…」の一言で
どうやら月末頃入荷、とのこと。


しかも預けた日は他の作業があるので難しい、と言っていたのに
夕方になって作業終わりました〜との連絡w

グリヒ取り付け作業が無くなった分オイル整備だけですし、
作業は早くなったかな?

さすがに1両日で家からバイク屋に2往復する気力は湧かず
そのまま1日預けて翌日引き取りw




うーん、グリヒ困りました。
既に朝夜は寒くグリヒは欲しいこの頃。
人気商品なのかなぁ。
待つしかありませんが...




とりあえず初回点検もあり、最初はオイルとエレメントを交換。



DUCATIの日本での純正オイル指定は
シェルアドバンス ウルトラ4T10W-50で
3,570円/Lというなかなかインフラオイル。

…ですが、ここの店長さんは九州屈指のオイルマニア(?)で
コストや性能・耐久性など様々な状況を考慮し
お店独自のオイルを選択されているようです。

ここのお店でのオススメオイル!
ということで選ばれたオイルは


41HFFNfV.jpg


パノリン4T RACE 10W-50!
3,150円/Lを3.5L(エレメント交換時はこの量?)
加えてフィルターも交換のため、
工賃はしめて13,000円。




VFRの時みたいに2000km毎にしょっちゅう換える
...ってことは絶対できませんなo凹
いかんせんオイル代がでかい。

前は200円/Lレベル(鉱物油or半合成油)のものを使用していたので
当然といえば当然ですが...w

いずれにせよ、店だとオイル料金は定価ですし
自分で安価に購入→自前交換は必須ですね。
工賃もかかりませんし!



すでに通販でオイルフィルター等の純正消耗品を購入できるサイトも見つけたし
パノリンもスイス・スペインではDUCATIの純正指定なので
性能そのものは疑う余地無しです。

ドカはエレメント以外にもストレーナー等もあるので
こちらも清掃、交換する必要がありますが
こちらはそこまで頻繁な交換は不要でしょう。



yacco-001_R.jpg

更にレベルが高いオイルとして
おフランスなオイルメーカー
YACCOのギャラクシーという銘柄がありますが...
こちらは2Lボトル8,400円(1L4,000円越え!)と
非常に高価なオイル。
しかし、性能はすさまじいものがあるようで
特に空冷のドカエンジンにも絶賛されるほどの強靭な
熱ダレ耐性が好評のようです。


他にもルブロスという日本製のオイルも好評なようで
こちらはYACCOに比べ、安価で高性能なオイルのようです。
ドカティとの相性は?ですが、原料を見る限り
グループⅣのベースオイルで品質は間違いないとの事。

調べてみるとなかなか奥が深いオイルの世界。

今度暇があったら店長と相談しよう....




ひとまずこれでとりあえず慣らし第一段階終了。
次は3000kmでこれでひとまず区切り(?)ですね。
慣らし、最初はメンドクサイなぁと感じ、かなり敬遠してましたが
いざやってみるとそうでもないですね。

むしろ慣らしで500回転までの使用制限があるにもかかわらず
これまでどおりのペースで走れるパワーがあるので
慣らしなんてあってないようなものですがw





来年のシーズンインには十分間に合うでしょう〜。



そして全然走れていないもう一台の新車バイク…
この記事へのトラックバックURL
http://ohnigiri.blog26.fc2.com/tb.php/281-2a8e9b44
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。