FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.15

災禍

2011年3月11日


もう誰もが周知のことではありますが、
この日、東北を中心とする東日本広域に
近代史上4番目とも言われるM9.0の超巨大地震と
最大で15m近いとも言われている大津波が襲いました。


地震大国の日本では全国各地の地震は日常茶飯事で
今回も発生直後は大きいな....という印象でしたが
時間が経てば立つほどにその深刻さが浮き彫りになってきました。


特に酷いのは沿岸部を深く抉った大津波。
ここまでは届かない、という距離にまで届いた大津波は
沿岸部付近ならビルの3~4階まで簡単に押し流してしまったほどの威力。


数えきれないほど多くの人が大切な人を失い、
大切なものを、つながりを失ってしまいました。


改めて被災された方々には深くお見舞い申し上げます。



発生後、数十万の人が避難生活を余儀なくされ、
東北のいまだ厳しい寒さが残る中、明日をも見えぬ生活を過ごしています。
ライフラインも直後は全く機能せず、自衛隊、及び米軍をはじめとする
各国の援助隊が必死に救援活動を行なう以外は
支援活動すらうまく機能しない状況が続いていました。

他にも石油コンビナートなどの消失により、一時的に深刻な
ガソリン不足が発生したり、物資の極度な不足も発生。

今回の震災により、福島にある原発の状態も地震と津波の被害を受け
制御不能の状態に陥り、非常に深刻な状況。
発生から1ヶ月以上経った今も放射能漏れが止まらず、予断を許さない状況にあります。





また、特に今回の震災で問題なのが、
どこからともなくやってくる根拠のない情報=デマによる
風評被害です。

ツイッターやSNSなど、リアルタイムでのコミュニケーションツールが
5~10年前と比べ、比較にならないほど発展した昨今、
誰が言い出したかすら分からない情報を伝言ゲームで流布してしまうので、
多くの人が正しい情報や判断をできず、混乱しています。
(これは今なお深刻に影響を与えている問題です)

これにメディアも様々な専門家がいろんな見識を述べるもんだから
もう情報が混乱しまくっています。


デマが原因で発生した買い占めやガソリンの買い占めなどは
すっかり解消し、むしろガソリンが余剰になるという皮肉な状態に。

ですが、放射能漏れによる土壌汚染やいわゆる「死の雨」風評は
地元の農業に限らず、買い渋り消費などを加速させ、
深刻な経済ダメージを与えており、今もこれからも続いていくものと思います。




そんな最中、九州は今でこそ新燃岳の噴火状況が気になる程度でずいぶんと平和なもんです。
福島原発からでた放射性物質が上空の流れで西日本全土を覆うと予想されており、
いかんせんこの先どうなるか分かりませんが、九州の人間からすれば
放射能濃度が増えることより、黄砂の濃度が増えることの方が恐怖ですorz

「明日は我が身」精神で一部では買い占めによる品薄状況も発生しましたが
現在ではほぼ解消したと言っていいでしょう。


正直今回の出来事は、とても同じ国で起きた事とは思えなかったし、
ネットやテレビでの惨状を見て、むしろ思いたくもありませんでした。
けれども、どうしてか現実は想像以上に過酷で残忍です。




とにかく、今は募金活動を初めとして、自分にできる手助けを精一杯やりつつ、
いつも通りに消費活動を行い、経済の沈下を起こさないようにしなければいけません。

なんでも感でも自粛してしまい、あらゆる消費を遠慮してしまうと
単純に税を失い、国力を落としてしまいます。
長い目で見た時に、それを今、出来るのは他でもない元気な私達です。

可能な限り、普段通りに生活をする。
そのなかで精一杯の「手助け」を直接的にも間接的にも行なう。


そうしていくことで一秒一分一時間一日と、少しずつ復興していけば

そう思います。

この記事へのトラックバックURL
http://ohnigiri.blog26.fc2.com/tb.php/223-86704dda
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。