FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.25

盆ツー後のVFRその後【アンノウントラブル紛争:迷走編】

さて、盆ツーから一週過ぎた週末。
まずはバイクの状態をチェックします。症状は相変わらずのまま...



とりあえず、電装系が怪しいので、
バッテリー・レギュレーター・ステータコイルの電圧測定。

VFRで似たような症状を出した仲間の情報だと、
おそらくはステータコイルの死亡が原因だろうとのこと。
早速調べてみる。まずはバッテリーから順番に。


....大丈夫だ、問題ない。




次はレギュレーター。直接確認する手段がないので
エンジンをかけて5000rpm時での電圧で確認します。


...大丈夫だ、これも問題ない。



そしていよいよステータコイルです。
3端子全て1個ずつ計り、一個でも導通があればアウツ!
ここが原因であれば、交換決定なんですが...



............大丈夫だ、問題ない。











あれ?




電装系問題ないぞ????







何度も確認してみるが結果は同じ。
若干ステータコイルの電圧が新品と比べて、0.5Vほど低いですが許容範囲。



とりあえず、カプラに詰まった誇りや小石をダスターで吹き飛ばし、
綺麗にしてから繋ぎ直します。んで確認のための再始動。
もちろんトラブルは依然そのまま















のはずが














エンストを起こしません。











(*ω*`)?



あれ、俺何も直してないよ?
電圧測定しただけだよ??


これまでは確実にエンストしていた、正立状態でも何事もなく安定。
恐る恐るアクセルを回してみますが、元気に針が跳ねます。
何で突然元通りになるのwww




何かしたって言われたらカプラー綺麗にしただけだけど...もしかして接点不良?







<(^0^)>






,,,,原因がハッキリと特定出来ずですが、とりあえずバイクは復調。
ホントに接点不良だけなら、ちゃんと調べておけば良かったと猛烈に後悔orz





とはいってもしばらくは様子見です....

むしろこれで原因が再発したら、いよいよもって分からんww
この記事へのトラックバックURL
http://ohnigiri.blog26.fc2.com/tb.php/208-152e217e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして。webikeのリンクから少し覗かせて頂きました。

さて、これに「似たような」症状私も経験あります。
信号待ちでアイドリングがいきなり不調…エンスト。
ガス欠?いやいや、ほぼ満タン。真夏でしたのでオーバーヒートも疑いましたが、水温はいつも通り108℃を表示したまま。
しばしエンジン掛からず後続車に謝りながら再始動。
そして次の信号待ちでまたもや落ちようとするタコ針。
「なんでそんなにご機嫌ナナメ?!もしかして新型と浮気しようとしてることに気付いた?!」
このまま落ちないようにと回転を上げつつ発進。
こんなことが夏場に何度もありました。
バッテリーなど電装に不具合は無く、燃料供給もECUも問題なし。

原因を突き止めるのに半年かかりましたが、
犯人は「ラジエーターファン」でした。
いとも簡単に上昇する水温…始終回り続けるファン…
ジェネレーターの仕事が追いつかずにストールするようです。
涼しくなってからはウソみたいに解消します。
目の前でVFR1200F試乗した後も不機嫌になりませんでした(笑
musubさんのマシンが同じ原因かどうかは不明ですが、夏場に限定して起きるならファンを疑ってみてはいかがでしょうか?
長々と失礼しました。
Posted by vfr800r at 2011.04.28 18:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。