FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.23

お盆の信州+三重キャンプオフ!...のはずが...後編

後編は帰宅までの流れを一気に書きますよん!(*ω*)








マシンに不安を抱えて迎えた3日目。



とりあえず言っておくと奈良健康ランド素晴らしい!
本番の三重キャンプ前日のこの日は本来ならまだ信州にいたのですがww
温泉入り放題、レストルームは快適!また、機会があったら止まりたいですね。
料金も非常にリーズナブルで拠点にするにはぴったりです!



さて、そんな今日は、前日夜に予定を決めてた通り、キイロイトラさんは奈良観光。
私は多少不安を抱えつつもせっかくなので高野龍神スカイラインに走りに行く事に。






ひとまず朝、キイロイトラさんと一緒にマシンの様子を見に行きます。




サイドスタンドを出したままエンジンをかけると普通に始動。
ここまでは良いんですがそこからが問題...





サイドスタンドを払い、バイクを正立させると突然エンストします。
そしてそこからセルを回してもほとんどかからない状態。
でもサイド出して車体を傾けるとあっさり始動。









.......??










ひょっとしてステータコイルが死んだ?それともレギュ??(´*ω*`;;;;)




ただ、全くかからないというわけでもなく、アクセルを思いきり開いて
セルをかけると「ズボッボッボボボボァァァァァァン!!!!」
といった感じでなんとかかかるようで。








ただ、そこからは常にアクセル開けてないと即エンスト、
また、走行中でも突然アイドリングが踊り出したり....







こりゃーいかん!ととりあえず近くのバイク屋を探すが、
タイミングの悪い事に、今は盆真っ盛りなのでどこも開いておらず....



キイロイトラさんと相談するも、とりあえずは現状動けない事も無いし
運転に気を使っていけば....ということでとりあえず出発。









ただ、一度エンジン止めると再始動がかなり厄介なので、
ほぼノンストップで向かいますw









th__8123373.jpg





高野山近くまで来ると、アイドリングの乱調もほとんど消え、快適に走行。




そのままごまさんスカイタワーがある場所まで走り続けます。

高野龍神スカイラインなかなかに面白い!
バイクの調子を気にしながらなんでアレですが、
ほどよいワインディングと急なカーブが複合的に組み合わさったルートで、
なるほど爆走したがる峠小僧もいっぱいいるわけだなぁ、と納得w





th__8123376.jpg






さーて帰ろうかなーとするも、エンジンかけるのに一苦労....
そして、帰りはまたもやトラブル再発(*ω*;;;)走行中に何度がエンストorz




一体なんなんだこれは...






結局トラブルに気を使いながら走行して再び奈良健康ランドに戻ります。






で、症状を考えた上で状況整理。


●見てくれるバイク屋さんが近くにない。
●距離無制限ロードサービスに加入してないのでレッカーは無謀。
●決して走れないわけではないが、突然乱調→ストップ等走行自体は非常に危険。
 ハッキリ言ってこのまま長居するのは不動車の可能性も考えるとNG






そんな致命的な状況を考慮した上でいろいろと考えた結果.....




翌日のキャンプ参加をやめ、フェリーで帰る事に...つд;)
遠方地で不動車なんてたまったもんじゃないので、
帰れる可能性があるうちに変える事にします。





orz

















そして4日目、ほとんどマトモに始動しないVFRを頑張って始動
キイロイトラさんに不安げに見守られながら南港のフェリー乗り場へ。

キイロイトラさん、2日間もお付き合いありがとうございました。
同時に散々迷惑かけて本当に済みませんでした.....(´;ω;`)
また機会があったら一緒にツーリングしましょう!






出発してからおよそ1時間ちょい。
11時前にはフェリー乗り場に到着。
まだ受付も開いていませんでしたw



当然、フェリー出発時間までものすごく時間があるので、
エンジン止めたくないけど止めざるを得ないという状態w






前日からtwitter等で同じVFRの人と色々やり取りしていて、
恐らく原因はステータコイルの短絡が最有力という状態。
その場合、バッテリーの電圧がモロに持ってかれるので、バッテリーの寿命がマッハになりますw
そのため、バッテリーの電圧チェックが最優先事項...

どうやらフェリー乗り場の近くに2りん館があるようなので
半ばダメもとで行ってみる事に。


早速、バッテリーの点検をしてもらい、電圧を確認してもらう事に。
点検だけで3,150円ェ....









と思ったら、なんとバッテリーは全く無傷。(!)
電圧も正常だったらしく、整備スタッフの目論みは大外れ。
「これだと時間かけてみないと分かりませんね...」と工場長。

結局点検代の3,150円は返ってきましたw どういうことなの.....








原因が全く分からず2りん館で時間つぶしにマンガを読みふけること3時間、
乗船時間が近づいてきたので急ぎフェリー乗り場へ...



フェリーに乗り込む時もなかなか始動できず焦る俺orz
始動しても高いアイドリングを維持してないと一気に止まるのでウルサイ...
それでも何とか船に乗り込ませ、ひと安心。







三重ではみんな楽しくキャンプをしている中、
フェリー2等室で一人寂しく枕を濡らしつつも5日目の朝を待ちます。
とりあえず一刻も早く家に帰り着きたい...(´*ω*`;)





そして迎えた最終日の5日目。
早朝に門司港に着き、いよいよラストスパート開始!




....が相変わらずマトモにエンジンかからず、10分近く格闘して何とか走行開始。
しかし、帰りの高速で何度もエンスト→路肩停車を繰り返す...(*ω*`;;)
走行が安定するのは9000回転前後で、常用域の4000~6000回転だと即エンストレベル...

明らかに最初に発生した2日目の時よりも酷くなっていますorz











けど、何とかめげずに走り続けた末、なんとか自宅に帰り着くことに成功...


家族やバイク仲間の皆さん、そして2日間一緒に付き合ってくれたキイロイトラさん、
ホントにご迷惑をおかけしましたorz





問題はこれから,,,,このトラブルがどうやったら直るのか?
返った直後にドリーム店、購入先のバイク屋に症状を伝えるも、
どちらも全く理解できていないご様子...
それに入院となるとかなりの費用がかかる悪寒!


とりあえず電装トラブルであることはほぼ間違いないので、
これから各パーツの自己検電をすることから始めます。




かなり長い戦いになりそう(;ω;`)
この記事へのトラックバックURL
http://ohnigiri.blog26.fc2.com/tb.php/207-7422e8ae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。