FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.28

パッド交換!

以前、タイヤを交換した時に店員からそろそろ~..と言われていたブレーキパッド。



これからかなりのペースで長距離を走るだろうし、
走ってる途中で限界きてもらってもイヤなので、交換に踏み切りました。
ただし、昼から始めて、しかもVFR1200Fの試乗会に参加する予定だったので、
ブレーキフルードの交換はまた今度にします。





用意したのは当然ですが新品のパッド(ヤフオクで前後セット4,000円せずw)
と鳴き止め用のモリブデングリス。それとVFRはプロアームなので
タイヤのナットを外すためのインパクトレンチと安物トルクレンチ。

インパクトレンチは余計な出費かなー、とも思いましたが、
これがあれば今後自分でパッドもフルードも交換できるし、
店でやるとパッド高い+工賃取られるので多分すぐに元がとれます。
チェーンの裏側も掃除しやすくなるしね!







th_P3282214.jpg

てなわけで早速交換開始。さすがインパクトレンチ!あっさりナットが外れますw
ていうかナット4本外したらリアタイヤ外せるとか便利過ぎるw
ただ、バランスがすぐ悪くなりそうだから今度タイヤ交換する時も見てもらおう..







th_P3282215.jpg
チェーンの裏側錆び過ぎ..(*ω*;;;)キレイにしようと思ったけど、時間がないのでパス。
チェーンの錆はバイク乗りにとってかなり恥ずかしいことなので(メンテしてない証拠)
早いとこピカピカにしてあげよう...




さて、早速キャリパーを外していきます。
ぶっちゃけパッド交換なんてものは今回が始めてですが、
キャリパー自体は2本のボルトを外せば取れるし、
パッドもハンガーピン外しちゃえばこっちのモンなのであっさりできそうです(*ω*)

とりあえず目視でどこのネジを外せばキャリパーが外れるかを探して緩めます。
....ビンゴ!あっさりとキャリパーが外れました。





th_P3282217.jpg
うーんキャリパー内部もダスト+錆だらけで酷いことになってますね。
とりあえずブレーキクリーナーでブシューとやって一気に綺麗にしておきましょう。
(ホントはピストンをある程度押し出して綺麗にした方がいいらしいですが
 誤ってフルードが飛び出るのが嫌だったので辞めておきましたw)



th_P3282218.jpg
磨り減ったリアパッド。もうちょい使えそうですが、交換しておきましょう。




th_P3282219.jpg
今回用意したパッドは元々厚みが少ないらしいですが、それでも結構な厚みです。
#100の布ヤスリで面取りしたあと、裏側に鳴き止め用のグリスを塗って取り付けます。



考えれば分かることですが、パッドを新しいのに交換してそのまま取り付けようとすると
キャリパーは元の位置にまずハマりません。パッドの厚みが増えているのでディスクが
パッドの間に入り込めなくなっていますからね。

その場合はキャリパーから少し出ているピストンを指で押し戻しておきましょう。
全部押し戻す必要はありませんがここでちゃんと戻しておけば、後ですんなりハマります。








th_P3282220.jpg
同じようにFパッドの片側も交換。交換するのはリアと連動する側のキャリパーです。
こちらも目視でキャリパーを固定しているボルトを探して外します。


写真がフロント側のパッド。確かに偏摩耗してます....なぜ??

まぁとりあえず後輪と同じ手順で新品に取り替え、あとは後輪側と同じ手順でちゃっちゃと済ませて終了!








純粋なフロントブレーキ側のパッドは覗き見た感じ、まだ大丈夫そうだったため、
今回はスルー。まぁすぐできる作業だし、追々様子を見て交換しましょう。

あとはそれぞれ仮止めしておいたボルトを締め直し、ホイールを付け直して終了です。



作業にかかった時間は1時間足らず。工賃やバイクに行く時間とか考えるとかなり節約できたと思います。
重要なパーツではありますが、初めてでも簡単にできたのでみんなもやってみるといいよ!









そして交換が終わった後はすぐさまご近所のホンダドリームへ。
なんでも今週末2日間限定でVFR1200Fの試乗会をやっているらしい!
このモデルは4/4のHSR九州での試乗会でも乗るつもりだったけど、
公道コースでの試乗はなかなかに貴重な体験なので飛びつきましたw

交換したばかりのブレーキの鳴きもなく、ちゃんと効いてきます(*ω*)
若干効きがあまい気もしますが、多分変えたばかりだからかな?それでも充分強いですが。









そんな初めて生でみる実働車のVFR1200Fにわくわくしつつ向かっている矢先....



一番恐れていたことが.....













あ、やば、こ、これはぁ、あぁぁぁぁ......










パタン。










立ちゴケしてしまいましたw

いや、立ちゴケというほどでもありませんが...
実際バイクは倒しはしましたが、ギリギリまで支えており、
やんわりと倒れたので自身は無傷だし、バイクもほぼ無傷です。





th_P3282221.jpg
ちょっと傷はつきましたが大して気にしていません。
プロテクターシール張っとけば良かったなぁ(*ω*`)





それ以上にショックだった、というか落ち込んだのがその立ちゴケの原因。
自分がバイクに乗ってる時に履いているジーンズは裾が長いため、3cmほど折曲げており、
その裾が足をステップに置き直す時にバンクセンサー等に引っかかったりして、
一時的にギア操作が不能になったりする等、危ない思いをしていました。


そして今回もそれが原因でした。停車状態から発進しようとして足を置き直そうとしたら、
何かに引っかかってギアを変えることも足を地面に置くことも出来ない状態に
色々動かしても引っかかって取れず、そうこうしてるうちに車体が左側に傾いて...パタン、です。

以前から危ないと分かっていたのにそれを直そうとしなかった自分の怠慢が起こした、
いわゆる「起こるべくして起きた」立ちゴケでした(*ω*`;)
今後はジーンズの裾詰めて余分なシワが出ないようにしておかねば...orz

ここまでハッキリと自分に非があると凹むし、出来た傷にも諦めがつきますw
しかも交通量の多い道のど真ん中でやらかしたので完全に公開処刑w



とりあえず速攻でバイクを引き起こし(火事場の馬鹿力なのか、一発で引き起こせましたw)
何食わぬ顔でお店に向かいます(;;*3*)










VFR1200Fの試乗インプレは次回にて!
この記事へのトラックバックURL
http://ohnigiri.blog26.fc2.com/tb.php/185-b45abc2a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。