FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.15

気になるドカティのストラーダなバイクに試乗とか


海の日含めた3連休!


初日の土曜は夕立の不安もある中、
ニコニコツーリング阿蘇キャンプオフを開催しておりました。


4年前から毎年開催しておりますが、
年を追うごとに参加者がジワジワと増えてきております。
うれしいものです。



ただ集まって、みんなでメシ食べつつだべるだけのgdgdキャンプですが
初参加者を中心にオフや同じ趣味の仲間との会話の広げ方や、
オフの雰囲気を味わっていただければと思っております。



連泊する方も数名いる中、私は日曜は早々に帰宅。
....というかツーリングらしいツーリングしてませんw

キャンプ場に行ってキャンプして帰るだけ...
まともなのはテント張った後に1時間ほど走ったときくらいでしょうか。


テント荷物が重すぎてあの装備ではツーリングを楽しむ気になれませんなぁ。

ですが!キャンプが最高に楽しかった!!
ので良しとします!




....写真全然撮ってなかったw







んで、日曜の午前中には阿蘇から帰宅。

ちょいと昼寝し、昼過ぎには夕立(?)も止んだので
以前から乗りたいなーと思っていたバイクの試乗へ!



お店は福岡空港そばのWellTech。
http://www.welltech.co/
主にドカティのバイクをメインに取り扱っているお店です。
このお店の試乗車一覧を事前にチェックし、今回試乗したバイクがこちら。




2013_Hypermotard-SP_02_R.jpg



20130714_194852_0.jpg




2013モデルのハイパーモタード、そのSPモデルです。


今年登場したハイパーモタードシリーズ3つのモデルの共通点として、
本年度から更にパワーアップしたエンジンを一新。
3つのモード変更やドカティセーフティ装備を標準搭載しています。


その中のひとつ、SPモデルはレースモデルのマルゾッキエア加圧式フォークとオーリンズリアサス、
更にマルケジーニ鍛造ホイールを標準装備!
普通にこのままレースにも出場可能なほど、
例年にも増して更に戦闘能力の高いモデルです。




そんな非常にエキサイティンなこのバイク。試乗したのにはワケが。




...実は本命はもう一つのほうですw
今年から新たにラインナップに投入されたモデル




20130714_194855_1.jpg

01_R.jpg




そう、ハイパーストラーダです。

ストラーダ系はこれまでムルティストラーダの土壇場でしたが、
近年はディアベルもストラーダモデルが出るなど、長距離ツーリングを意識した
モデルがドカティからも出ている動きがあります。

そんなドカティ生まれのツアラーモデルの第三弾がこれってわけです。
(第一弾はムルティストラーダ、第二弾はディアベルストラーダ)


何が違うの?
って話ですが....

簡単にいえばハイパーモタードにツーリング装備つけました。ってだけです。
本当にそれだけ!w



エンジン出力や特性は無印もSPもストラーダも一緒。
となるとハイパーモタードのモタードバイクらしい機敏さも当然健在なわけで。


公道でもキビキビ走れて、且つ積載環境も十分備えている....
今一番欲しいニーズを全て満たしているバイクです。

そんなワガママバイクがドカティの、しかもハイパーモタードシリーズからでるとは....




これは是非乗りたい!


しかし残念なことに試乗車が無い!





ならばと思い、全く同じエンジンを持つハイパーモタードSPに試乗
...ということが今回試乗した理由です。



んではさっそく、ざっくりとした感想をば...


まず軽さ、これは当たり前ですが非常に良好。
車格の違いもあるのかKTMの1190ADVの220kgとは違い
こちらは190ちょいでもかなりヒラヒラですw

とりまわしですがSPだとシート高が870mmあり、
ちょっと足付きは微妙。まぁでもこの程度なら個人的には問題ないです。

展示車のストラーダだと810なので、こちらは非常に良好(それでも両足ツンツンですが)
全然許容範囲な程度です。



Nギアへの入力はこれドカティか?って思えるほどに素直です。
入らない、入りづらいだけで言えば、普通に国産車よりよっぽど入れやすいですね。



んでこのバイクを知る上で必要なポイント、3つのモード走行!

最初はとりあえずツーリングモード(ツーリング用で110hp)から

加速の仕方やレスポンスこそマイルドな印象ですが、
アクセルをガバ開けしてると、車体の軽さもあって
VFRとは段違いの加速を見せます。
リアの空転やスリップに対する安定制御、DTCも必要十分で
感覚的にはこのいい感じの元気さが一番しっくり!



お次はウェットモード(雨天走行用75hp)で....

これは路面状況が悪い時を想定しているためか
出力が大幅に下げられており、非常にマイルドな乗り心地です。
リアのブレーキ時の安心感もあり、なかなかとってつけたモードではなく、
凄く実用性のあるモードだなぁ、と実感しました。




最後にお待ちかね、レースモードです(完全フルパワー110hp)
まずアクセル入力に対するレスポンスの速さが尋常ではありません
ちょっと触れた程度で簡単にバイクが「ドドッ」と加速をはじめ、不意に体を持っていかれますw

意識してスロットルを開けようもんなら、加速の仕方がツーリングモードの比ではなく
反応の速さ、ブレーキの効き方などホントにこれ同じバイクか?と思うほどに変わります。
空転制御やABSの反応も最小限にしてあるため、公道をこのままで走ると
自制心が無い限り、危険が危ないですw



それに全モード共通ですが、
コーナーでの荷重、重心に対する車体の反応の速さは非常にクイック。

VFRと同じ感覚で「よいしょっ」っと曲げると曲がり&倒れすぎて逆に危険で、
下手にニーグリップ云々をせずとも「なんとなく重臣や加重を意識してる」程度で
すごく車体が安定します。これはVFRには微塵にも無い良さでびっくり!!

元々がモタードマシンというのもあるのでしょうが、
これはかなり峠やワインディングが楽しくなりそうです。



4,5kmの短いコースでしたが....モードやコーナーリング諸々非常に楽しめました!
試乗終了後は、どこにも寄らず家へ直帰w


いやぁ新エンジンのハイパーモタードSP
これは本当に乗って良かった!

このエンジンでツーリング積載を想定している
ハイパーストラーダとか最高に胸熱ですよホント。

遊べるし、まったりできるし、荷物乗せられるし!


実車見て、触って、跨って、乗ってみて、

ますます欲しくなってしまいました...














あとは買う算段を立てねば!w













じゃぁいつ買うのか?










まだ先でしょ...(小声


スポンサーサイト
2013.07.07

KTM福岡で1190Advや690・390Dukeに試乗とか


朝っぱらから強烈な雨が降ったり止んだり....

梅雨ですなぁ。もぅほとんど明けかけてはいますが。


しかし、そんな中
ドドーン!とオープンしましたKTM福岡



オープンイベントに行ってきました。

...車で。




実はヒッソリFaceBookで事前に情報を調べておりました。
そんな中、気になる内容が。



試乗車に2日限定で1190Adv-Rと390Dukeがある....

乗らねば...!




オープン早々行った理由はこれです。
とか言いつつ、ほんとは雨であんまり行く気にはなっておりませんでしたが...

何やらKTMジャパンの社長さん(外国のおっちゃん)も来られてましたね。
しかしながら生憎の梅雨空で時折激しく降ることもあり、客もまばら...


いやぁ、でも行ってよかったです。思いのほか楽しかった。




ホントは本屋でばくおん!最新刊買うつもりだったのに



20130707_001306_1.jpg


気がついたら8耐用のばくおん!レーシングチーム RC8Rの目の前にいたり。


宇宙最凶のエンデューロレース、エルツブルグロデオに出場した水上タイスケ選手がいたり....
(同世代とは思えませんなぁ....すごいなぁ)


コーヒーやオレンジジュース、ポップコーンが食べ放題だし....


メインは試乗ですw

そろーっと試乗のお願いをしました。
最初に試乗したのはズバリこれ。


20130707_001304_0.jpg
1190ADV-R

2013-ktm-1190-adventure-r1_R.jpg

今年990Advのダカールラリーモデルの遺伝子を受け継ぎ
新たなアドベンチャーモデルとして颯爽と現れたKTM期待の新人さん!
今回はそのモデルのよりオフロードに特化したモデル、「R」のほうに試乗しました。

まず外観としてはやっぱりAdvモデルだけあってでかいです。
それにシート幅、高さもあり、(試乗モデルはローシートでしたが)足付きは結構厳しいレベル...
無印の1190Advモデルのほうは展示車のみがあり、
こちらは純正シートでも足付きがいいです。買うならこっちかなぁ。


んで早速出発。出発直前はやっぱりその重さとデカさでフラ付き気味でしたが...

動き出すと挙動が軽すぎてビビりますw
並み居るAdvモデル(1200GSやテネレ等)より軽いその車重のメリットはかなり大きそう。

そしてパワーも下ギリギリまで使ってもそうそうエンストせず、
かなり粘りのある走りをしてくれます。もちろん加速も非常に元気。
モードも3モードあり、スポーツモードにすると150psに恥じない強烈さを誇りますw

Rモデルのため、足回りをF:21 R:18にしており、
コーナーの動きは前後17モデルと比べてもちょっと劣るかなぁ....

って考えてもいましたが、実際は思いのほかクイックに動きます。
や、車重の軽さもあるでしょうがあんなにキビキビ動けるとは思わなかった。
嬉しい誤算です。


サスの調整やスポーツモードの調整を
片手で簡単に操作できる点もかなり魅力的ですね!
慣れれば走行中にでも調整が可能でしょう。


いい時代になったもんだなぁ.....


なかなかに満足できる試乗でした!
こりゃほんといいな。早くお金貯まらないかなぁ....(謎






さて、お次に矢継ぎ早に試乗します。
どうせなら乗っちゃえ!と思いこれも乗ってみました。


IMG_2553_R_R.jpg
690Duke


大型シングルロードスポーツモデルですね。

こちらも1190同様、車重の軽さを謳っておりますが、
実際に乗り、運転するとこの馬力の強さでこの軽さは
ちょっと危険なレベルですね....

ハンドリングも1190とは比較にならない軽快さで
原付二種か?と思うほどにヒョロヒョロ扱えます。楽しい!

しかしパワーはなかなかに元気なので慣れないと結構危険?
慣れないうちは大変でしょうな~。
しかし楽しいのは間違いない!





んで、最後にHOTな新車両、390Dukeを試乗....



..の前に突然の土砂降り....
しかもトークショーが始まってしまい、1時間お預け。
しかも試乗予約者が前に5人いるw

とりあえずトークショー眺めつつ、展示車両マジマジと見つつ時間を潰します。





RC8Rいいなぁ。でも荷物のらないなぁ。



あ、フリーライド350カッコイイ。



おぉ350EXC-Fもある。超軽い!試乗したい!



200Dukeは....いいや...




走行してるうちに試乗の順番が!!


ktm-390-duke-2013_1_R.jpg

キマシタワー!
できたてホヤホヤの390Dukeです。

まず跨ります。


ちっさ!!!

軽すぎ!!!

怖い!!!


これに尽きます。
この軽量感は、その辺のトレール車に跨るそれと近いかもしれないですw

そして走ります。

パタパタ感すんごいのぉぉぉンヒィ~!

ブレーキもバチクソ効くのぉぉぉぉ!ンヒィ~!

加速もマイルドな匂い残しつつ、高回転域は暴力的!
ンヒィィィィ~~~~~~~~~~!!!!!!!



試乗終了




ハンパではない軽さ....
燃料満タンで150kg以下がこんなに軽いとは..

そして軽さや車体のフレームワークは125や200とほとんど変えずに
馬力は44psまで上昇....パワーはかなり元気に出てきます。


普通二輪免許(~400cc)で考えると非常に魅力的なこの一台。
そして値段も安い!!新車で55万!



免許取るのがもう少し遅かったら間違いなくこれ買ってました....
新古車のスーパーボルドールに80万も出したのが心底馬鹿みたいに思えてくる...

それぐらい楽しくてエキサイトなバイクでした。

いい時代になったもんだなぁ.....(2回目






さて、こんな感じで試乗も満喫し、帰りました。


なんかまた試乗熱がでてきぞ....
もっといろんなバイク乗りたいですね~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。