--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.08

異音騒ぎ

バイパスホンダから修理の終わったVFRを引き取り、帰っていたところ......


車体からなにやら異音が.....

不等間隔で「ジャララララ」と音が。
それも結構大きい。何だこれ?

タペット音かと思ったけど、それだと規則的にカタカタなるので
今回の事案はどうも違うっぽい。しかも突然鳴りはじめた......

もちろんバイパスホンダさんにはフロント周りしかお願いしていないので
因果関係は確実にない。はず。



仮にエンジン内部で部品が脱落となれば一瞬でお釈迦だけど、
この異音のまま、結局家まで普通に走れました。
(回転を上げると異音も無くなってた)
うーん?オイルの油膜切れ?よく分からん.....






とりあえずオイル交換して様子見。
直ればいいなー、と思いつつ始動。





....相変わらず音が。






こりゃマズいなーと感じ、まず五感で音の原因を探すことに。
エンジンを始動させ、ジャラジャラなる場所を探します。

するとアッサリと発見。



.....ステータコイル?

カバーにパイプを当てて耳を澄ましてみるとハッキリと凄い音がw

確認の為に、ステータコイルの配線を外した状態で再始動。
......すると音もならなくなりましたw
とりあえず犯人特定でひと安心。


おいおいあの謎のステータコイルもう逝ったのか?w



焦る不安を抑えつつ、とにかくカバーを開けてみないと分かりません。
てなわけで早速カバーを外して中を拝見......





20111230_104606_0.jpg



?ん?何もない?
何か落っこちた後も無いし、傷も無い?
ステータコイルも焼けて入るけど、死んだ感じでない.....

おかしいなぁ、と思いつつステータコイルを止めているボルトに手を伸ばすと.....


「めっちゃゆるゆるやん?」


えぇそれはもぅゆるゆるでした。しかも4本全部。
原因はボルトの緩みによる共振?
通常、ステータコイルはローターにすっぽりと包まれて
磁石で引き合ってはいる状態なので、接することはありません。
そのため、この部分が脱落するってのはありませんが、
全くスペースがない訳ではないので、ローターの中でボルトが
ワリとフリーダムに動いていたことに.....


とりあえず確認するため、ボルトを締め直して組付け、再始動。

見事、音が消えましたw

確認のためにステータコイルの電圧も測りましたが、
死んだ訳でもなく、至って快調です。



とりあえずひと安心orz

外す時に純正ガスケットが割れたので、液ガスで対策済み。
しばらくは大丈夫でしょう。



うーん原因は締め忘れ?
にしては前回の組付けからかなり距離走ってるので不自然。
やっぱり振動による緩みでしょうか。

元々規定トルクが非常に弱いため
マニュアル通りだと、また緩むんじゃないかとかなり不安w
内部なので下手にネジロック材も使いたくないわけで....


とりあえず増し締めはしておいたのでしばらくは大丈夫.....なはず!

スポンサーサイト
2011.12.07

VFRの冬期リフレッシュその1(足回りOH編)

九州は冬も走れるといえば走れますが、とにかく寒い....
そんなシーズンオフもようやく訪れ、
週末の時間もバイクの整備にまわして行こうかと思案中。


そんなわけで早速ですが、12月の頭に
昨年からやろうと思っていたフロント回りのリフレッシュを
バイク屋にお願いしてきました。


20111230_100536_1.jpg


頼んだのは福岡にあるバイパスホンダさん。
小倉を含め、他に兄弟店鋪が店を構えており、ワリと元気な印象のお店です。
事前にいろんなバイク屋に赴き、感触を確かめていましたが、
ここが一番信頼できそうだったため、決定。


パーツ代におよそ20,000円(スプリング等も交換したため、嵩みました...)
工賃はFフォークOH、ステムベアリング交換、Fホイールベアリング交換
しめて40,000くらい。合計で60,000円かかりました。

自分でやれば当然工賃が無くなるので2万くらいで済んだわけですが、
技術的な不安と、整備環境に不安があったため、今回は頼むことに。
もともと精度が求められる作業だし、素人がやるよりは遥かに良いですw


事前にパーツはお店で注文しておき、
パーツ到着後の入庫から修理完了までちょうど1週間でした。
バイホンさん仕事速いです!w




んでもって入庫から一週間で足回りのリフレッシュは完了。


20111230_004839_4.jpg

作業工程を写真に収めていてくれました!
細かな作業内容も全て説明してもらいました。
うーんこういうところはとても安心できますね。




んでバイクに乗って帰宅。
当然ですが、足回りが凄く軽く動くようになりました。
特にステムに関してはその違いをハッキリと体感。
(交換したものは擦れた後もあり、それなりに劣化していたようです)
買った当初のときより動きがいいのでは?w

Fフォークも良く動くなって気持ちいいです。
さすがにフォークオイルはそれなりに悪くなっていたようで
ガイドスライダー等も摩耗していました。

ホイールベアリングは......良く分からんですねw
実際ほとんど劣化していなかったようです。
保険の意味で変えてて正解だったかな?


結果としては大変満足いくものでした。
たくさんの諭吉サンが旅立っていきましたが.....orz




これであと2~3万キロはしっかりと働いてくれるでしょう!
フォークのオイル交換だけは1万キロ間隔で交換ですが........
今後は自分でやろうと思います。
正立フォークなら何とかなりそうかも?


近いうちにリア回りも掃除&グリスアップしてあげないと!


2011.12.06

シェルパのフォークオイル交換!

実はフォークに手を出すのはこれが初めてなmusub。
これまでさんざん弄っておきながら大事なところはノータッチ.....!ノータッチ....!

てなわけで今後の整備の幅を広げるべく、シェルパのFフォークは
自分で整備することに。

といってもいきなりOHではなく、まずはフォークオイル交換ですが....


ちなみにメイン機のVFRのフォークはステムやベリングも含め
OHという意味でもお店でお願いすることに決めています。
お金はかかりますが、長距離・高速専用と考えると妥協なんてできません。





しかし構造が単純明快、気分爽快なシェルパ君。
実に作業がやりやすい。

VFRだとカウルバラしたり何だりと、
やりたいことまでに時間がかかるのが難点ですが
シェルパはすぐに手を付けられるので、弄ってて気持ちいいですw



まずはハンドルを外してフォークトップのボルトを緩めておきます。

その後はキャリパやスピードセンサー、ホイールをそれぞれ外して、
最後にフォークを固定しているナットを緩めてFフォークを孤立化。


事前に緩めておいたトップのキャップを外したら
逆さまにして廃油ボックスに逆さに突き立てて放置。
古いフォークオイルをしっかりと抜き切ります。
(たまにフォークを伸縮させて出せる分をしっかりと出します)


20111230_004836_3.jpg

出てきた古いフォークオイル。
17000km走行の割には綺麗?

オク購入の車両なので修理歴含め前歴がいまいち不明ですが、
この感じだと1万前後に一度交換したか、もしくはこれまで激しい走行をしていなかったかって感じですね。
購入した際に全オーナーの話を聞いた限りでは後者かなぁ。

シールからの漏れ等も無く、キレイなもんでした。




20111230_004842_5.jpg

交換したオイルはヤマハ純正のG15。
価格の割に性能がいいと評判のオイルです。
VFRもこれを入れてもらう予定。

規定量無視でとりあえず1本400mlくらい投入。
(本来の規定量は380mlですが、後で調整するので適当です)

んでひたすらフォークを伸縮。ようはエア抜きですね。
「ジュッジュッ」と音がなるのでこれが出なくなるまでやります。
私の場合、徹底的に.....ということで目視で油面を確認し、
伸縮直後に気泡がポコポコと出なくなるまでやりました。
(この辺は組付け後にゼロ圧調整で何とかなるとは思いますが)


エア抜きが終わったらフォークをめいいっぱい縮ませた状態で
フォークオイル量を調整します。

ここで油面ゲージが大活躍。
アストロプロダクツさんいい仕事しています!

インナーチューブの入り口から150mm±2に油面が来るように調整。
注射器で余分なオイルを吸い取ります。



吸い取りが終わったら、後はスプリングやOリング+キャップを締め、
車体に元通りに組み直すだけです。簡単!!
ちなみにフォークの突き出し量は、フォークを抜く際に
けがき線を引くなどして目安を残しておくといいです。




20111230_004844_6.jpg

ついでなのでキャリパー周りも清掃しておきます。
ピストンのもみだしと、グリスアップは必須!


しかしただでは終わらない我が整備......












20111230_004847_7.jpg

ハハハこやつめ折れおったわ!


しかもアウターチューブに最初からついてるネジ....
こりゃアウター交換ですかー!?
うーんとりあえず次回のOH時に考えよう。





組み終わったらしっかりと減衰の動きを確認。
試乗も済ませ、完了で~す。

作業時間は途中のgdgdタイムを除けば1時間半くらい?
カウル脱着の手間が無いのが何より楽だ.....w



オイルを硬い番手に変えたことで沈み込みが硬い感じになりました。
ロードでも安心感ありますねー
林道でフニャフニャ過ぎて怖い思いをしたため、
これなら安心して走れそうですw






いやー結構大変なのかと思っていたので
実際終えてみると、あんまりにも簡単で拍子抜けました。

今後はVFRも自分でやっていこうかな。
(大きさ違えど同じ正立フォークなので簡単なはず....)





次回はウィンカーLED化とヘッドライト交換をしたいなぁ。


2011.12.02

大興善寺紅葉!


IMG_6660.jpg



IMG_6619.jpg


もう毎年恒例になっていますが、
今年も行ってきました!

まぁ地元なので近い近い。
バイクで5分です。カップ麺も作れます。


IMG_6670.jpg


しかし今年の大興善寺はどうも旬が短いようで
見頃の時期は一週間ないとか。

ライトアップも予定を繰り越して延長する等
寒さがなかなか訪れないこともあり、番狂わせなシーズンです。
こないだの紅葉ツーリングもさっぱりだったけれど.....

IMG_6695.jpg



IMG_6733.jpg

秋月城も12月の中くらいが見頃ですかねぇ。
最後の紅葉くらい楽しみたいところ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。