FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.25

νフェイス

てなわけで以前の謎旅にもちょろっと出てきましたが




IMGP8871.jpg



増車しました!w
カワサキの(ワリとマイナー車)スーパーシェルパです。
フルサイズオフとトレッキング車の間にあるようなバイクで
何ともいえない不思議なルックスをしたバイクです。


こないだの電車旅の際に高森に行ったのはこれが理由でした。
取引先の方が高森に住んでいたので直接引き取りにいったのです。





2004年式で走行距離は12000ちょい。
2オーナーで前オーナーは室内していた上物です。
(とはいっても最初のオーナーさんは雨ざらしだったようですがw)


マフラーもスパトラでいい音を出してくれます(うるさい?)
一応団地住まいだし、音は少しばかり気になるので
ノーマルも今度伺った際に貰おうかな....




ホントは保険料の安い125ccか、もしくは年齢の都合で来年から保険が安くなるので
それを待ってから....と思っていましたが....

偶然、ヤフオクでかなりの上玉を見つけてしまい、
『買わずに後悔するより買ってから後悔する!』精神で思い切ってしまいました!
買った価格を考えたら走行距離、車両状態どれをとっても優秀です!




IMGP9091.jpg



すでにアイリスオーヤマの鍵付き箱を搭載し、
気軽な普段の買い物バイクとしての力は十分発揮してくれています!
燃費もVFRに比べればすこぶる良いので安心!
そして足付きも異常に良く、乗ってていくらでもヒラヒラ倒せますww

回しまくっても免許がピンチになるような速度は出ないため
ガンガン荒ぶれますw(荒い使い方をしても燃費はほとんど変わらない!)






IMGP8873.jpg

以前にニコツー九州支部のまっすーさんから頂いていた
ニコニコ動画のカッティングシートを貼ってみました。
あからさまにニコ厨アピールですがまぁいいでしょうw





とまぁ誉めまくりな感じですが、もちろん気になる部分もあります。
まずタンク容量がかなり小さいので突然リザーブになったりします。
買ってすぐ走ってたら道のど真ん中でリザーブに切り替えました。
だいたい180kmも走ればガソリンを気にしないと行けない感じです。
そこはまぁやむを得ないでしょう。
(他車のビッグタンクが加工有りでつけることもできるようですが...)



それと始動性の悪さはかなりのもの。暖かい日でもチョーク必須。
こないだ余りにもかからないのでバッテリーが死にかけましたw
これはプラグコードやら交換でなんとかしないと...






今後はこいつも普段の足として頻繁に活用しつつ、
ロングツーリングはVFRで...といった感じでお役決めw
あくまで、メインはVFR、サブはスーパーシェルパです!w




まぁ正直色々と(というかかなり)無茶した感じはありますが....(*ω*;;;)
まぁこんな無茶やるのも今だけでしょう。
この先5年も10年もやってたら色々と終わるww

ともあれ、しばらくは節制に励まねば...orz

スポンサーサイト
2011.03.23

VFRのフレッシュメンテナンス!【電装系】


さぁいよいよ電装の交換です。

今回は確実な電圧を確認するために先にバッテリーを新品に交換済。
正確な発電量を手に入れるための気持ち的な部分ですねw





まずは左カウルを外し、以前のようにリザーバータンクを吊るしてどかしておきます。
んでジェネレータカバーを外し、あのだらしねぇステータコイルとご対面。

s278.jpg
お、おぅ...元気してたか...


_3054090.jpg
なんか心なしか焦げ付き増えてるような。

まぁここでお前は終わりだがな!




というわけで邪魔なカプラーのついた配線を遠慮なくぶった切り、
古いステーターコイルにさようなら。









中央の4本のボルトを外し、早速OEM製の謎ステータコイルを組み付けます。
ズレないように慎重に組み付け...

強力な磁力があるため、指を挟むと普通に痛いです!w

_3054104.jpg

こうなりました。新品やで!









さてここからが難関です。

VFRの場合ステータコイルの配線はエンジンのバンクの谷をかいくぐって逆側にあり、
レギュレーターなどとまとまって配線が並んでいます。

そのエンジンのバイクの間が凄まじく極小でカプラ付きのままでは
タダのハンドパワーで逆側に通すことはほぼ不可能です。




そこでmusubがひらめいた策は....

s282.jpg

カプラの先にタコ糸を結んで誘導する方法です。
タコ糸も事前に針金などでバンクの隙間に通しておきました。





さぁこれでいけるかな?










s283.jpg


大成功!ちょっと手間取りましたが予想より簡単に配線を通すことに成功しました!
あとはこのカプラーをこれまでのカプラーと組み付けます。

このタイミングで古いレギュレータも新品に交換。






これで電装系はすべてリフレッシュしました。

仕上げに新しいオイルを入れたら一通りのメンテ完成です。

_3064105.jpg
シェブロンオイルだばぁ








さぁいよいよエンジンを始動します。電装の確認はシガソケから電圧計で確認。
うまく発電ができていれば14.5V以上(すべて新品なので14.8Vが理想)はでるはずです。

してその結果は....







s286.jpg

おぉ.....ブラボー!

しっかりと表示には「14.8V」の文字が!やったねたえちゃん!


OEM品のステータコイルで正直どうなるものかとヒヤヒヤしていましたが...
かなりホッとしましたwこれでしばらくは大丈夫でしょう~。





2011.03.22

VFRのフレッシュメンテナンス!【駆動系】


さてさて、前回用意しておいた部品をいよいよ交換しますよ!


まずは簡単なチェーン・スプロケ周りから。
ほいほいとFスプロケカバーを外しておき、まずは早速チェーンを外します。


が、ここで気づくmusub。







チェーンどう切断しよう?(´*ω*`)







サンダーなどがあれば一発であっさり切れるみたいですが、
ウチはまだサンダーを持っていません....
仕方ないので電動ドライバーに鉄鋼ヤスリのアダプター取り付けて削り切ってみることに。






5年後.... 1時間後....





s279.jpg

や、やっと切れた....こりゃ今度からはサンダーでやったほうがいいな....w

とりあえずチェーンも外れ、スプロケも前後とも交換します。
スプロケを固定しているボルトは当然かなりのトルクがかかってるので
力のない人はインパクトレンチでババッと外してもいいかもしれません。



_3054095.jpg

外した古いチェーンとスプロケです。
チェーンはシール劣化&だいぶ伸びてますね。


_3054097.jpg

スプロケ新旧比較。うーんまだいける感じ?
ちょっと惜しい気もしますが交換します。



_3054099.jpg

リアスプロケも交換。
綺麗ですねー!新品は気持ちE!













んでお次はチェーンをつなげましょう。
チェーンは前回紹介したEKチェーンのスクリュージョイントタイプなため
専用工具不要で簡単にカシメることが可能です。
(通常のタイプだと10k近い専用工具が必要なため、大変!)

s280.jpg

ココが接続部分です。
専用のプレートと芯を通し、普通の六角ボルトで締めこむとカシメるという構造です。


あまり締め込み過ぎないように固定具合を見ながら締めこんでいきます。
んで、ある程度占めこんだら飛び出した部分の余分な芯をポキン☆

s281.jpg

こうなります。なんて簡単!!





仕上げにチェーンの張りを調節するため、リアのアクスルボルトを緩めて調整します。

_3054092.jpg

ココですね。このボルトをインパクトレンチでババッとゆるめ、チェーンの張りを調節します。
初期伸びがあるため最少は少し規定幅より少なめに張る(張りを強くする)のがオススメです。


次回は電装品を交換します!

2011.03.20

電車旅なのか、なんなのか?

久々に電車の旅がしたくなったので、思いつきで行ってきました!

ちょうど九州新幹線も全線開通したばかりで話のタネにもなるし。
(震災直後だったため、開通記念イベントは全て自粛しましたが...)




IMGP8795.jpg

というわけで早速新車両である800系「つばめ」に乗り、一路南へ!





久留米から熊本まででしたが、速い速い!
ものの15分くらいで着いてしまいましたw


IMGP8802.jpg

内装ももちろん超綺麗です。







さて、最新鋭の電車に乗ったら、次は風情あるローカル線で
阿蘇を目指すことにします。


IMGP8806.jpg

操縦室は何時見ても胸熱!!


IMGP8807.jpg

ホントはスイッチバックの体験もしたかったけど
今回は阿蘇の高森で下車予定なのでここで降りることに。







IMGP8816.jpg

トロッコ列車いいっすなぁぁぁ!


さて、列車を降りたら、高森で用事を済ませ、今度は草千里へ向かいます。





s304.jpg

もともと曇天な阿蘇でしたが、草千里はもっと酷いww



んで草千里を通ったら次は大観峰へ。




s307.jpg

数は少ないですが、いろんなバイクがいっぱいです。





最後には温泉にもよって帰ります。
ここ杖立温泉の米屋別荘は足しげく通ってる旅館♪
泉質が程よく、人の入りもそこまで多くないので気軽に入れる温泉です!






さぁそろそろ帰りましょうか~









s301.jpg



s302.jpg

こいつに乗って!

2011.03.15

災禍

2011年3月11日


もう誰もが周知のことではありますが、
この日、東北を中心とする東日本広域に
近代史上4番目とも言われるM9.0の超巨大地震と
最大で15m近いとも言われている大津波が襲いました。


地震大国の日本では全国各地の地震は日常茶飯事で
今回も発生直後は大きいな....という印象でしたが
時間が経てば立つほどにその深刻さが浮き彫りになってきました。


特に酷いのは沿岸部を深く抉った大津波。
ここまでは届かない、という距離にまで届いた大津波は
沿岸部付近ならビルの3~4階まで簡単に押し流してしまったほどの威力。


数えきれないほど多くの人が大切な人を失い、
大切なものを、つながりを失ってしまいました。


改めて被災された方々には深くお見舞い申し上げます。



発生後、数十万の人が避難生活を余儀なくされ、
東北のいまだ厳しい寒さが残る中、明日をも見えぬ生活を過ごしています。
ライフラインも直後は全く機能せず、自衛隊、及び米軍をはじめとする
各国の援助隊が必死に救援活動を行なう以外は
支援活動すらうまく機能しない状況が続いていました。

他にも石油コンビナートなどの消失により、一時的に深刻な
ガソリン不足が発生したり、物資の極度な不足も発生。

今回の震災により、福島にある原発の状態も地震と津波の被害を受け
制御不能の状態に陥り、非常に深刻な状況。
発生から1ヶ月以上経った今も放射能漏れが止まらず、予断を許さない状況にあります。





また、特に今回の震災で問題なのが、
どこからともなくやってくる根拠のない情報=デマによる
風評被害です。

ツイッターやSNSなど、リアルタイムでのコミュニケーションツールが
5~10年前と比べ、比較にならないほど発展した昨今、
誰が言い出したかすら分からない情報を伝言ゲームで流布してしまうので、
多くの人が正しい情報や判断をできず、混乱しています。
(これは今なお深刻に影響を与えている問題です)

これにメディアも様々な専門家がいろんな見識を述べるもんだから
もう情報が混乱しまくっています。


デマが原因で発生した買い占めやガソリンの買い占めなどは
すっかり解消し、むしろガソリンが余剰になるという皮肉な状態に。

ですが、放射能漏れによる土壌汚染やいわゆる「死の雨」風評は
地元の農業に限らず、買い渋り消費などを加速させ、
深刻な経済ダメージを与えており、今もこれからも続いていくものと思います。




そんな最中、九州は今でこそ新燃岳の噴火状況が気になる程度でずいぶんと平和なもんです。
福島原発からでた放射性物質が上空の流れで西日本全土を覆うと予想されており、
いかんせんこの先どうなるか分かりませんが、九州の人間からすれば
放射能濃度が増えることより、黄砂の濃度が増えることの方が恐怖ですorz

「明日は我が身」精神で一部では買い占めによる品薄状況も発生しましたが
現在ではほぼ解消したと言っていいでしょう。


正直今回の出来事は、とても同じ国で起きた事とは思えなかったし、
ネットやテレビでの惨状を見て、むしろ思いたくもありませんでした。
けれども、どうしてか現実は想像以上に過酷で残忍です。




とにかく、今は募金活動を初めとして、自分にできる手助けを精一杯やりつつ、
いつも通りに消費活動を行い、経済の沈下を起こさないようにしなければいけません。

なんでも感でも自粛してしまい、あらゆる消費を遠慮してしまうと
単純に税を失い、国力を落としてしまいます。
長い目で見た時に、それを今、出来るのは他でもない元気な私達です。

可能な限り、普段通りに生活をする。
そのなかで精一杯の「手助け」を直接的にも間接的にも行なう。


そうしていくことで一秒一分一時間一日と、少しずつ復興していけば

そう思います。

2011.03.10

準備準備



_2254082.jpg

車検も無事に終わり、いよいよ気になっている消耗品の準備もほぼ万端。


そこで大出費にはなりますが、保険もかねて
以前に書いていた交換部品を一気にリフレッシュすることにしました。


今回交換の対象となるのは以下の通り。




○バッテリー
中華製です。安心(笑)の中華製。
けどココのメーカーのバッテリーは評判もよかったので買ってみました。
どうせ消耗品だし、直接命に関わる部品でもないので少しでも安いほうがいい...


○Rスプロケ
純正のリアスプロケを注文しました。
純正のスプロケはとんでもない超寿命のようで
実際今回も交換する必要が無いくらい、まったくといっていいほど磨耗していませんでしたが、
気分的な問題と、基本チェーン周りは同時全交換が基本なので交換することに。


○Fスプロケ
これは社外品をチョイス。また、一丁あげて高速寄りに設定しています。
というのもVFRはかなりのハッピーメーターで
速度計で100km表示の時の実際の(GPS計測速度)速度は90kmもいっていないほど。

この差を少しでも埋めるべくとりあえずは1丁上げで様子を見てみることに。
うまく誤差補正ができるかな?


○チェーン
ここは現在のチェーンもかなりクタっており、伸びしろも限界値だったので交換対象。
今回はEKのスクリュージョイントタイプをセレクト。
スクリュージョイントタイプのチェーンは専用のカシメ工具が不要で
チェーンをぶった切ることさえできれば誰でも交換できるのが優れものです!
色は特にこだわりなど無いので通常のスチールをチョイス。6000円ちょいと値段もかなりリーズナブル!


○ブレーキパッド
これは今回交換するわけではありませんが、フロントABS側の予備として購入。
sbsのパッドが安売りだったので買っておきました。


○レギュレーター
こちらも今回かなり迷った消耗品でしたが
ほかのVFRオーナーのトラブル発生がちょうど3万前後で発せうする情報もあり
自身のVFRもその走行距離に近づきつつあるので、保険の意味で購入。
純正品でお値段およそ15000円。高い....

けど旅先で逝ってしまって不動になるよりはマシですね...


○ガスケット・ねじ云々
ガスケットはステータコイルを納める部分のエンジンカバー用
ネジは作業の過程で旅に出て行ったねじ達のカバーですw







そして今回もっとも苦心した判断だったのがこちら。

_3024086.jpg

そうです、ステータコイルです。
以前に確認したときは既に虫の息レベルの状態だったため、
否応がなしに交換対象だと考えていたのですが、
なんてったって純正品はありえないくらい高い!(25000円!)

そこでmusubは海外のOEMを利用して対応できないかと画策。

海外サイトを調べ周り、つたない英語翻訳で言葉の内容を理解した上で
たどり着いた社外ステータコイルがこの Rick's Motorsports Electiricsというメーカーのステータコイル。

送料全込みで14000円ほどでした。うむ、安い。

あとはまともに動くかどうか....(*ω*;;;;;;)



近く一気に交換してリフレッシュさせます!
2011.03.02

初ユーザー車検!


sIMGP8790.jpg

2月某日に初ユーザー車検を実施してきました!



ホントは3月にやるつもりでいましたが、
仕事の都合上休みが取れなさそうだったため、
少々繰り上げて2月に受ける事に。



受験場所は福岡県陸運局。
ホントは名義変更もしないとだったり...なのですが、
今回はとりあえず、車検を通すだけに。
名変は後日佐賀でやりましょーかねー。




事前にHIDをハロゲンに戻したりと、要らぬパーツは外してあるので
外観云々では特に問題ないでしょう。ネジのゆるみも全ておk!


てなわけですっきり綺麗なVFRと一緒に車検場に向か......

...う前に、とっても大事な光軸調整を済ませます!
私のVFRは確実に光軸が狂っている自信があるので
このまま行けば120%落ちるからですw





shop_01.jpg

今回、光軸調整を頼んだお店は、車検場の近くにお店を構える
カワサキショップ・ライダースというお店。
一律1500円で調整してくれます。VFRは両灯なので少し得した気分w

調整に使った機械はどうも最新式らしく、デジタルでずれ具合が分かるようでしたが
なんかものすっごいズレていたのだけは分かりましたw
事前にサイドカバー外しといて正解だった....(*ω*`;)


実は車検場をわざわざ福岡陸運局にしたのもこのお店がすぐ近くにあったからだったり...
佐賀の方はどう探してもバイクの光軸を見てくれるショップが見つかりませんでした。
さすが田舎....orz





さぁ、光軸を直し、準備も整ったところで早速車検場にGo。
ちゃんと事前に予約した時間に間に合うように行きましょうw


sIMGP8779.jpg

まずは福岡運輸支局予約確認窓口で必要書類と印紙を購入。
(自動車税なんかもここで払っておきます)

自賠責は事前に筑紫野の赤男爵で購入済。
来年度から少し値上がりするみたいなので、長期加入するか迷いましたが
とりあえずは車検と同じ2年分を購入しておきました。

必要事項を記入したら印紙を貼付け、自賠責証明書と一緒に窓口へ。
(記入は時間はかかりますが書き方の例があるので難しくはないです)




全部OKなら受付の人が「検査場に行け....そこに何かがある...」と囁いてくれるので

バイクに乗って検査場へ。ここは敷地内のため、ここではノーヘルで運転しても大丈夫です。
実際お店の人や他の個人ライダーさんはみなさん気軽な格好で走り回っていました。(私は被りましたがw)





sIMGP8788.jpg

これが検査場です。

本来は2輪専用のラインがあるのですが、現在福岡陸運局は改装中らしく
2輪のラインは閉鎖されていました。
そのため、係の人がくると「今日は自動車と同じラインで2台同時に行ないます」とのこと。

しかし、年度末が近いせいか、トラックやら社用車やらとにかく多い!
バイクも私以外で個人で来てる人は数名で、あとは皆さんショップの人でした。



ラインに並び、待つ事20分ほど。
ようやく順番が回ってきました!いよいよや....(*ω*`)

まずは目視検査....
と思ったら係員の人ほとんど見てねぇ!
ハンマーで叩いたりもしませんでしたw
一瞥して「うーんなかなかキレイですね。大丈夫でしょう!」と.....
それでいいのか?w

次にマフラーが社外のものだったため、
騒音検査と触媒検査。これもどちらも合格。
(もともとJMCA認定品でかなり静音なため、気にしていませんでした)



後はそれぞれの灯火チェックがおわるとラインに入ります。



sIMGP8789.jpg

ラインの出口側から見たところです。
灯火・排気チェック→ブレーキチェック→スピード検査→光軸検査の順番ですね。


まずはブレーキテスト。
前後のホイールをそれぞれラインに乗せて
指示が出たらブレーキをかける。作業はこれだけ。
とても簡単であっけなく合格。

そして今回はどうやら2輪専用のラインではないため、
スピードメーターの検査はしない模様。
そのまま、最後の難関、光軸検査に入ります。


カワサキショップの人の教えを守り、
テープで示された検査ラインの真上にタイヤが乗るように
まっすぐ、正立した状態をキープ(車体の保持は合否にかなり影響がでるとか...)

係員の人が小屋に入ると、テレビモニターみたいな機械がウィーンと動きます。

一緒に受けていたレッドバロンさんのCB1300SFが最初に挑戦。
結果は一発合格。いいなぁ....

そして私の番。両灯のため左右片方ずつ検査します。
まずは左目。テスターがせわしなく動きます.....なかなか結果がでず、不安...(*ω*;;;)

と、ここで合皮判定板に○のランプが!左目合格!

お次は右目。こっちは速攻で○の表示がでましたww



最後に係員の人から判子をもらい、これで検査は終了。
無事事前の準備もあって一発合格できました!!





sIMGP8786.jpg

再び事務所に戻って、書類を預けると数分で新しい車検証ができました!



sIMGP8787.jpg

早速古い検査証と貼り変えて、これにてユーザー車検完了です!ヽ(^ω^)ノ







いやー、最初のうちは結構色々と不安でした。
しかしやってみるとあっけないほど簡単でびっくり。
これで2~3万浮くんだからかなりお得ですね。
(浮いたお金で部品の交換が出来ますし.....)

けど、やっぱり素人整備でやってる以上不安はあるので、
次の車検はちゃんとディーラーに出してみようとは思います。


お金に余裕がない人、一度自分のバイクとしっかり向き合ってみたい人は
一度やってみてもいいかもしれませんね!
いろいろ勉強できる事は多いと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。