--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.29

できたー全部できたー

ポテチヨs(ry

musubです。


本日、普通自動車免許無事卒業できました。
3週間ちょいのスピード卒業ですw
まぁ学科無い分、早いのも当然のかもしれませんがね。


試験は一番車の通りが多く、歩行者も多い面倒なコースに当たりましたが、
実際に走ると意外とラクで特に減点も無く、あっさり終了。
受験後の好評は「とにかく対人事故には気をつけてください」とのこと。
当たり前だろw

しかしながら今回の卒業試験、意外(?)にも結構な数の人が落ちちゃっていました。
(大型二輪に至っては受験者全員ダメでした…厳しいねー)


ひとまず、落ちたりして余計な出費を出さずに済んだのが良かった…
あとは、免許更新してしまえば完了!
まぁ保険の修正がまだなのでしばらくは乗れませんが…



しかし、まさか車の免許を最後に取るとは…全然思ってもいませんでした。
急にバイクに乗りたくなったのが去年の夏の暮れ…
そんときは車の免許なんてずっと先の事だと思ってましたが…。



改めて車を運転していると、やはり公道上におけるバイクの見方が変わります。
車からすればやっぱバイクのすり抜けって怖いもんなんですねー…
しかも全然見えない(*ω*;;)

自分はそれほどすり抜けをしない人間ですが、
車に乗って、ようやくその危険性を垣間見た気がします。
サイドミラーだけでもぶつけようもんなら問題になりますからね…
よっぽど自信のある人以外はすり抜けを自重しましょうw

ってかすり抜けする事でバイクのイメージダウンにもつながるしね…。
実際、車側の立場に立てば分かりますよ。ありゃ怖いって…




そんなこんなで車での公道デビューはもうチョイ先ですが、
しばらくはこのままバイクライフを楽しむぜ!
スポンサーサイト
2009.06.29

塗装の失敗2+完成!

さて、各部品がすべてそろい、あとは塗装の仕上げだけです。


クリアを吹き付けて数日が経過したので、さっそく状態をチェック。

…まぁ当たり前というか、普通にゆず肌状態になっていました。
この後、ホントは1500番くらいのヤスリで薄く磨いて平らにした後、
コンパウンドでツヤ出し仕上げをするわけですが…

ここでなぜか自分は4000番というムダに細かいヤスリで削ってしまい、
コンパウンドで磨いた後もまったくゆず肌が消せず…
最初は「やべぇ完全に塗装失敗したなぁ」て思いました。
てか今でも思ってますw


おまけにロクにマスキングしなかったせいで、
別に塗装する必要の無い部分も大多数がゆず肌化…
なんか全体がツヤ無しのマットで微妙な塗装仕上がりになってしまいました。

まぁ、ひとまず一度組み付ける事にします。


th_IMG_2861.jpg th_IMG_2866.jpg


なんかもう明らかに「自家塗装です」感満載ですがひとまずよしっ。
乗れるだけで私は満足なのですから…(*ω*;;)

ちなみにスクリーンはMRAのVARIOツーリングスクリーンを中古で購入。
状態も良く、お得な買い物でした(*ω*)



…まぁ追々時間があるときに磨き→コンパウンドを実施しようと思います。
そしたら今より少しは綺麗になるかな?

まぁ今回の塗装の失敗は良い教訓として、今後に生かせたらと思います…
(あまり生かしたくない教訓ですが…)




んで、後は先日すり替えておいたタンクと新しいハンドルの取り付け作業。

タンクはホイホイ取り替えるだけであっさり終了。

ハンドルは結構面倒でした…

買ったのはハリケーンのコンドルというハンドル。
明らかにCB400SB向けじゃないんですが、別のブログで取り付けている人がいて、
「おぉーかっけー!!」と思ってしまい、これにしました。

…ごめんなさい少しでもセパハンの気分が味わいたかっただけです…(*ω*;;)

で、これに帰るには穴あけの加工が必要だったんですが、これに苦戦。
穴を開けど開けど、微妙に位置がずれてしまい、2時間くらい格闘した後、
ようやく取り付ける事が出来ました。


th_IMG_2868.jpg


見た目もなかなかグッド。
んで乗った感じもセパハンに近い姿勢で、個人的には満足!

…ですが…

やっぱり動かしてみると、ハンドルをフルで切る際に、若干ですが
カウルに干渉するようですね…いや、分かってはいたけど(*ω*;;)
まぁそれでもポジション的には気に入ってるので、しばらく様子見します。



実はセパハン気分をボルドールで味わえるハンドルが最近出たっぽいですけどね。


270003623201000000000.jpg


CB400SBにも使えて、かなりかっちょいいんですが、お値段が5万近い…
たけーよ、馬鹿!(;ω;) でもこれだとカウル干渉しないんだろうなー…




ひとまずすべての作業が終了!
以前の様なピカピカ感こそ失ってしまいましたが、
なんか、ようやく自分のバイクになってくれた気がしますw

ひとまず外観をば


th_IMG_2864.jpg



いやぁ~タンクも結構キレイで……って…あっあれ?…



th_IMG_2863.jpg


!?


ちょww隠れてるww何故にwww


タンクがズレてる訳でもありません…でも、確かにロゴの位置が不自然です。
いろいろ考えた結果、ふとオークションでの商品名を思い出し…


あ、そういえばCB400SFって書いてた様な…


やっちゃいました。このタンク、色は同じですがCB400SF用のタンクでした。
SFだとネイキッドなのでカウルの干渉を受けないため、ロゴの位置が低いんですね。
てっきりSBもSFもおんなじタンクだと思っていました…


あぁー大失敗…。もう一度つけ直しだー(*ω*;;)
(まぁつけ直しで済むからまだ良かったけど…)




んで、再度元のタンクに戻して、あらためて全体図…


th_IMG_2874.jpg


th_IMG_2870.jpg 


ホンダのロゴはあるべきところに戻りましたw
まぁ、ヨコ面凹んだままですがこれはしゃぁない。


th_IMG_2871.jpg


なんか写真で見ると、塗装面の仕上がりも悪くない気がしてきた…w
まぁ近くで見れば一発で分かっちゃうんですけどね…




まぁ最後までいろいろありましたが、ひとまずバイクの補修はこれで一区切り。
以前の輝きこそ失いましたが…今は乗れる事だけで大満足です(*ω*)

近い将来、大型に乗り換える可能性はありますが…
それまでは、コイツととことん付き合っていこうと思います。

また、よろしく頼むぜー相棒!

2009.06.27

塗装の失敗

ひさびさの修理日記です。
ホントはバイクのこと以外に書きたいこともあるんでそれは追々…。


さて、いよいよ今回の補修のメインイベントでもある補修塗装の段階です。
前回書いたスプレーを調達し、さっそく塗装開始。
(もちろん事前にヤスリとかパテ埋めとかサーフェイサーは済ませてます)

塗装に使ったスプレーはこれ。

デイトナ オートバイ専用MCペインター H14(純正色 NH-1対応)

ブルーシートを敷きカウルを並べた後、コヤツを使って早速塗り塗り。


th_IMG_2860.jpg

ミラーは雰囲気でつい塗っちゃいました…


薄く、何回にも分けて塗装していきます。
でじっくりと半日以上かけてひとまず黒の再塗装は終了。
(この時、ロクにマスキングしなかったのが後で裏目に…)

んで、ホントは3日くらい乾燥させないといけないんですが、
禁断症状が出まくりな自分としては「ヒャア!我慢できねぇ!」ので
翌日にウレタンクリアを塗ることにします。


んで、しっかりと(?)乾燥させた後、クリアを塗る前に
前回塗った黒の面を平滑にする必要があるため、再度ヤスリがけ。

これがなかなか大変な作業で、全部終わらせるのに半日かかった…。
(しかも完全に乾燥しきっていないせいか、黒い色が出るわ出るわw)

なんとかヤスリがけを終わらしていよいよ仕上げのクリア塗装です。
今回選んだのは2液性のウレタンクリアのため、強度や劣化には強いんですが、
一度塗っちゃうと後戻りできないので液ダレ等起こさぬよう慎重に塗っていきます。

んで、これも時間をかけて数回に塗り分け、塗装完了!
後は乾燥するのを待ちます。




んで夜になると今度はインドア作業へ。
あらかじめ届いていたタンクと今のタンクのパーツを付け替えます。

th_IMG_2858.jpg th_IMG_2851.jpg

コックやセンサーの付け替えは簡単でした。
(むしろ残ってたガソリンの処理が大変だった…)
タンクに少しの凹みはありますが…
まぁタンクパッド貼っちゃえば気にならんでしょうw


んで、一度は買い逃したヘッドライトもようやくゲット。

th_IMG_2859.jpg

以前使っていた人がHIDを使っていたためか、
リフレクト上部が溶けてしまっていましたが、まぁ使用には問題ないでしょう。
若干ライト内側が黄化・曇っていたため、微粒コンパウンドで磨きます。



これですべての準備が整いました。
あとは塗装を仕上げて組み付けるのみ…



つづくー
2009.06.25

順調

教習は何の滞りも無く、快調に進んでいます。
まぁ操作は一度覚えてしまったらこっちのもんだしね。

毎日2~3時間の教習をつめているので
多分今週末か日曜には卒業できるかと。
はえーなー。てかストレートで卒業できればの話だが…。


この免許さえ取得すれば今お世話になっている学校とも多分お別れです。
結局普通二輪、大型二輪ときて普通免許もここでとってしまった。
まぁちゃんとした指導してるし、ここで正解だったとは思うけど。



んで帰りに近くのショッピングセンターにあるSAKODAでお買い物。
(っていっても見るだけだがな!)
なんか地域特産ラムネの販売してて、目に留まったものを購入。

th__MG_2581.jpg


佐賀県産のジンジャーエールだそうです。neoって何ぞ…
田舎特産の割には少し先を行くデザインな気がしないでも無いですが
なんか地元にもこういうものがあるんだなぁ、と嬉しくなったりw

味は…もろにジンジャーエールでした。すげーショウガの味(*ω*;;)


2009.06.23

足回りの修理

先日、純正部品が届いていたので、日曜に足回りの修理もやっておきました。
(日記のアップが月曜ですが気にしたら負けです)

修理箇所はブレーキペダルの交換とチェンジペダルのロッドの交換。

まずはブレーキペダルから取りかかります。

th_IMG_2834.jpg


マニュアル読んでも外す手順だけが書いていて、
どれがどの部品なのかが把握しづらい…そしてスプリングがやたら固いです。
スプリングを外すのだけに小一時間苦戦、なんとかペンチで外すことに成功。

そのあとは割りとサクサク進みました。割ピン少し曲がりましたが…
曲がったペダルを外し、新しいペダルに買えて再度組み直します。

th_IMG_2835.jpg

ブラボー!おぉ…ブラボー!

無事ブレーキペダルの交換が終わりました。
ただいじった所為でブレーキの遊びとかタイミングがズレまくりだと思うので、
最終的には、ランプ点灯や遊びの調節をもう一度調節する必要がありそうです。




お次はチェンジペダルのロッドです。
こっちは曲がっているにもかかわらず、チェンジ操作は可能だったのですが、
後々トラブルになっても困るので交換することに、部品代安いしね。


こっちはブレーキペダルと比べ、交換作業は至って簡単で、
おもむろにロッドをぐるぐると回していると、あっけなく取れました。
新品のものに交換してあっさり終了。一応後日遊びや位置の調節をします。

曲がったロッドは袋に保管。

th_IMG_2836.jpg


操作も引っかかりがなくなり、スムーズになりました。

th_IMG_2837.jpg




意外とやれば出来るもんなんだなー。
工賃取られたくないから意地でやってやるって思ってたのが良かったのか?w





ただ問題はカウル。補修は既に終わっており、表面のパテ盛りも済ませたが、
塗装に必要なものが足りない…(*ω*;;)


ちなみに今回の塗装対象は


右ウインカー部分塗装(20%程度)・左ウィンカー部分塗装(10%程度)
……この辺はクリア仕上げとか無しで普通にヤスって直塗りで済ませます。


右カウルポケットカバー再塗装(全面)・フロントマスク再塗装(全面)
右サイドカウルほぼ全面(70%くらい?)左サイドカウル部分塗装(30%程度)
……丁寧な下時処理が必要。また、仕上げにもウレタンコートを使用するつもり。


んで、手持ちのスプレーの皆様

透明のプライマーサーフェイサー……………容量ほぼ無し。購入が必要。
純正色NH-1のMCペインター……………残り少し。明らかに足りない。

あきらかに準備不足です(*ω*;;)
一応パール系塗料向けのクリアスプレー持ってるけど、たぶんこれだと仕上がり後の
皮膜の強度がしょぼいことになりそうなので2液タイプのウレタンクリアにすることに。

一応サーフェイサーとMCペインターとウレタンクリアを一本ずつ買うつもり…だが…
こんだけ塗って1本で足りるのか?でも高いし、金欠であんまり金出せない…(*ω*;;)

しかも塗装に時間空けないといけないしなー。



カウルの塗装にここまで時間と金を取られるとは思わなかった…
こりゃ乗れるようになるのが、また先延ばしになるな…_| ̄|○
2009.06.22

カウル到着&ウインカー復活。

きた!カウルきた!これで(ry

ヤフオクで買っといたカウルが来ました。
右左のサイドカウル&アッパーカウルの三つがまとめてお家に到着。

th_IMG_2814.jpg th_IMG_2811.jpg th_IMG_2810.jpg 



とりあえず状態チェック。

アッパーカウルは色が違うので塗り直します。
初ともいえる全面塗装。うまくできるかな…(*ω*;;)



th_IMG_2813.jpg

右カウルはウィンカー付近の割れがあるため、補修が必要です。
(他にもちらほら傷があるので全体的に補修&塗装が必要?)



th_IMG_2815.jpg

左カウルも手前側割れ発見。さりげなかったので気づかなかった…。
こちらも補修して塗り直しの流れです。






とりあえず先に補修だけ終わらせましょーかね。

まずはパテ盛りの量を減らすため、割れによるズレを出来るかぎり修正。
そんで裏側にシート乗っけてプラリペア塗りたぐって放置。

th_IMG_2817.jpg th_IMG_2826.jpg


んで表側にもこの後、パテ盛りして修正していきます。




あと純正部品で届いてた、右ウィンカーが復活。

th_IMG_2832.jpg

レンズは割れていたので新品に交換。球はそのまま移植です。
左ウィンカーも根元が少し曲がっていたので、修正して黒テープで固定。
わかりにくければどうということは無い…!




とりあえず今日はここまでにしておこう。
わりとサクサク修理が進んでいますが多分塗装につまづくだろーな(*ω*;;)



次回は引き続きカウル補修&ペダル周り交換の予定(?)です。
2009.06.22

続。塗り直しヒットパレード

カウルが到着する前にひとまず、小物系の修復から。


右サイドミラーが傷入っちゃってたんで、塗装し直すことに。
荒めの耐水サンドペーパーでガシガシ磨き、表面を調整してサフェ→塗装。
前回サイドミラーは塗装した経験があるのでサクサク進みました。
(仕上がりは相変わらずひでぇがな!)

th_IMG_2795.jpg

まぁ遠目から見て綺麗に見えるし、これで良いでしょう。



お次は擦れ傷の入っていた右のカウルポケット。
これまたヤスリで磨いてサフェ→塗装。

th_IMG_2794.jpg

んー微妙な感じ。しかも液ダレによる段差出来てるw
塗り終わるまで気づかなかったわ…(*ω*;;)

これもまた塗装し直しかなー。
てかスプレーが足りない気がしてきた…。




また、ヤフオクでバッキバキに割れたスクリーンの代品を落札。
MRAのVARIOツーリングスクリーンなり。送料込みで10000円なり。高ぇ。
でも定価で買うと2万越えだし、状態もいいんで安い買い物したかな?


あと、頼んでおいた純正部品が届きました。
右ウィンカーとブレーキペダルにチェンジペダルのロッド。
その他欠損したパーツもろもろ。しめて11000円。やむなし…
てかマニュアル読んでもペダルの交換が理解できんw
自分で出来るのか…?(*ω*;;)



で、よくよく調べてみるとやっぱりハンドルも少し曲がっているみたいです。
あーやっぱりか、と思いつつ、これも今後交換しようと思います。

某所でハリケーンのコンドルつけてた人がいた様な…
セパハンスタイルにしてみたい欲求があるのでそれにするやもしれませんw
2009.06.22

塗り直しヒットパレード

さて、修理日記一発目。

ここしばらくは天気もよく、あったかい(てか暑い)ので
手始めにクランクケースの補修を済ませることに(*ω*)


使ったのは耐熱スプレー(黒ツヤ有)と耐熱クリア。
th_IMG_2798.jpg


とりあえず最初のお相手は右のクランクケース。
転倒時、酷いダメージではないですが、表面に大きな擦れが入っており、
交換する気も無いので塗装で誤摩化す作戦に。

ヤスリで適当に磨いた後、新聞でマスキングしてLet'sスプレー。

th_IMG_2800.jpg 


塗装後、暖気運転して焼き付けます。
これだけでも結構艶あります、なんかこのままで良いっぽいなぁ。
耐熱クリアーかける必要ないなこりゃ(じゃあ何故買ったし)

写真で見ると良い感じですがよく見ると擦れ後がハッキリ見えます。
研磨がかなり甘かった…。再塗装するかもしれませぬ。



んで次はクラッチ側のカバー。こっちは所々に派手なガリ傷がありました。
ヤフオクで程度の良いのがあったのでそれを購入。
それまでのつなぎ(意味あるのか)としてとりあえず塗装することに。
ほとんどヤスリで磨かずにいきなりスプレーという暴挙に(*ω*;;)

th_IMG_2807.jpg 


かなり粗雑な仕上がりです…。まぁどうせ交換するから良いか。



この後、今度はタンクの補修に入ります。
凹みをヤフオクで手に入れたデントリペアで戻…せませんでしたw
いや少しは戻ったんですがね。角の部分だったのがマズかったなぁ。

引っ張ることを途中であきらめ、これまた適当に磨いて適当に塗装。
テキトーすぎるw(このタンクもいちおー交換予定ですからね…)

th_IMG_2805.jpg


(逆の意味で)素晴らしい仕上がりです。
しかもマスキングが甘かったせいで他の健康な部分にも塗装が…(*ω*;;)
液ダレ上等、凹み上等の状態です。これはもう小学生の図工よりもひどいw





んで今度は、別に用意していたエキパイ用の耐熱スプレーを使って、
サイレンサー付近の擦り傷を塗りなおします。
ホイールとかに塗装するとヤヴァいんでマスキングしてプシュー。
凹みもできてしまっていたんですが、まぁ塗っちゃえば分かんないだろう…

th_IMG_2804.jpg


エキパイ用スプレーすげー便利!
上から塗っただけなのに凹み以外ほとんど分からなくなりました。
塗装の段差も無く、素人でこの仕上がり…焼き付けたらもっといいんだろうなぁ。
嬉しさついでにエキパイ付近の部分も錆ができていたので、
ヤスリで錆を落とした後、こちらも塗装。
見た目だけで言えば購入当時のエキパイになりました。うん成功。





とりあえずエンジンルームあたりの傷はすべて隠蔽完了。
サイレンサーにもガリ傷があるんですがこれは勲章として残すことに…。


次はカウルの塗装あたりかな?
2009.06.17

外角低めストレート

タイトルには特に意味はありません、たぶん。
musubです。仮免一発でいけました。何とかなるもんだね。

てか他の人でエンスト5,6発してても通ってる人いたな。
それ考えたらかなり審査基準低いのかな…。

大型二輪の時はやたらシビアだったのにw



で昨日はとあるプロダクションの面接へ。
ボロクソ言われた後、いつものようにデザイナーの厳しさを諭され終了。
どこ言ってもほとんど同じ内容なんだが…ヤバス(*ω*::;;;;;;;;)

それにしてもお相手の会社の作品ちらほら見かけてはいたものの、
フタを開けたらかなりオイシイ仕事を継続的に受けてるようで…
終わった後「全然釣り合ってねーw」と軽く凹みました。身分不相応すぎた。
まぁ結果はどうであれ、お話しできたことだけでも良かったです。


なんか最近不安だらけだ。
こりゃ必死にしがみつく以外の手段を選ばないとやっていけないのかな。
まぁでもそんなもん努力でどうにかなるよね!努力ほとんどしてないけど!


いかん愚痴がこぼれてしまった。控えなきゃ…。


免許6月いっぱいでいけるかなー?

てか早くバイク乗りたい…。おちおち気軽に本屋で立ち読みもできねーぜ!
(デザイン系の本はインフレ価格なので立ち読みで済ませている)
2009.06.16

カテゴリ分け

いつのまにやらカテゴリが増えています。
宇宙人のせいではありません。


これからしばらく続くであろう修理の内容を
ここでちょくちょくうpしていきたいと思います。



ひとまず今カウル一式をヤフオクで購入済み。今週末には届くかな?


フロントアッパーカウル………状態良いが、青色なので黒に再塗装する必要有り

左サイドカウル………一部接続端子に欠けあり、それ以外は小傷程度。

右サイドカウル………ウインカー部分割れ、なんとかして直す。


あとロッドやブレーキペダル、右ウィンカーは純正で注文済み。
エンジンカバーや左クランクケースはマシな傷物で交換するか現状維持か悩み中。

タンクは…軽くデントリペアして薄く部分塗装→磨いたら何とかなりそう。



だけど…


あぁぁあああヘッドライト落札し損ねた!!まさか落札直前で高値更新とは…
接続端子一個無いだけで状態良かったのに…他にも欲しい人はいるのね…。
落ちるもんとタカをくくったのがマズかったか(*ω*;;)

あーでもこれが無いとカウル取り付けられないし、走れもしない…
すぐにでも欲しいが純正だと2万越え…高っ!…待つしかないのか(;ω;)

予定じゃ来週明けにでも公道走行可能な状態まで持っていけたはずなのに…



ちょっと予定が狂いました。まぁしょうがないか。


とりあえずだれかCB400ボルドールで余ったヘッドライトをお持ちの方は
是非musubにコメントください。いないと思うけどw




2009.06.16

うぃ

今日は2回目の認定日。朝一発目で用事を済まして即帰宅。

職員は一週間と言ってたけど、明後日くらいには入るだろう。
んで明日は面接&教習見極めですか…
めんどくせーw

まぁとりあえずベストを尽くしましょう。それに限る。


あ、カテゴリ分けしました。意味はあるのか無いのか…。
ちなみに過去の自分の日記読み返すと面白いことに気づいた。
仕事にこんつめてた時の自分相当イッてるなー、なんてw

まぁまた仕事始めたらほぼイキかけるでしょう(イチロー風
そんなことをムダに考えつつ、ニート脱却のための努力が続く…。
2009.06.15

ヤバい

いよいよ明日は2回目の失業認定日…。

現在1社の面接を控えている中、心境は複雑。
前月よりは受給額も大きいのはいいけど来月で受給も最後だからなー。
7月半ばで仕事見つからなかったらバイト決定だろうな…


うわー鬱になりそう。なるべくフリーターだけは避けたいけど…

必死な職場探しが続きます(*ω*;;)




ちなみに普通免許も明後日には第一段階見極め&水曜には仮免許試験です。

んーやっぱ自動車のMTは大変ですね。足のクラッチ操作に全然慣れない。
最初の時とは「うわーAT限定にしときゃ良かったー」と思ったもん。
ただ、万が一商用車とかがMTだったりとか欲しい車がMTとかあると不便だし…。
ってな理由でMTにしたんですよね。「男ならMT」とかそんな安直な考え無しに。

まぁ大分慣れてきてはいるのですが、まだちょこちょこ凡ミスをしてしまう。
My経済情勢が超不景気なので仮免に落ちると痛い…。がんばろう。


免許のことはまた水曜にでもアップしマース。




明日早いし、もう寝よ。ってもう3時だけどw

2009.06.15

今こそ話さねばなるまいpart.2

前回の続きやねん。



保険屋との話も一段落し、ボロッたバイクを横に待つこと数分。
警察の人が登場。すぐに現場検証に入る。

どうやら警察の人もバイク乗りらしく(しかも今は同じバイク乗りだとか)
過去にVFR800で同じようなケースでやらかしたことがあるようで、
かなり自分のことやバイクのことを気遣ってくれた。



んでその警察の人に事故の流れを説明。
おまわりさんも「こりゃ舗装の上でスリップダウンしたみたいやねぇ」と
自分の見解通りの判断をした。まぁ分かりやすいほど跡残ってるしね…(*ω*;;)

ガードレールには少し擦り跡があり、後日県の行政局にも連絡をすることに。
少しバイクの話で盛り上がったあと、おまわりさんとも別れを告げる。



んでとりあえず改めてバイクの状態をチェック。


○カウルは全損、フロントカウル&ヘッドライトとスクリーンは割れて脱落。
○右サイドカウル割れまくって垂れ下がり状態、ウィンカーもブーラブラ。
○タンクも凹み二カ所&大きな擦り傷。
○右クランクケースに大きな擦り傷。
○ブレーキペダルは90度内側へ。
○左カウルも複数箇所割れて垂れ下がり、ウィンカーも何か曲がってる…
○左クランクケースにも数カ所ガリ傷。
○チェンジペダルのロッドが曲がる(シフトチェンジは可能)
○エキパイとサイレンサーのつなぎ目部分に凹み&ガリ傷。
○ハンドルとクラッチ&ブレーキレバーが気持ち曲がってる?


こ れ は ひ ど い w

自分がほとんど無傷な分バイクは想像以上にダメージを受けていました。
自分の代わりに手痛いダメージを受けてしまったバイク…
かなり沈痛な気持ちになってしまいました。



転倒直後はキルスイッチを戻してもエンジンがかからず、
焦ってレッカーまで手配しかけていたのですが、
落ち着いてからいろいろ見てたらシフトが上がったままだったことに気づき、
Nに戻してひとまずエンジンをかけることには成功(*ω*)
幸いオイル漏れも全くなく、エンジンも好調に吹け上がります。

さらにガードレールの柱に食い込んだのがカウル部分のみだったのが幸いし、
Fフォークも曲がりがありませんでした。とりあえずは走れるレベル…
あらかじめ備えておいたタイラップで脱落したカウルを縛り付けて、
島原をあきらめ、悲しいかな故郷へ退散することに。
(この時もちろんヘッドライトが点いていなかったのは内緒だ!)



ぼろぼろの状態でありながら高速を快調に飛ばし、夢久留米へ直行。
とりあえず一時保管してもらうことに…。

と、ここで様変わりしたバイクをカメラでパシリ。


th_IMG_2789.jpg th_IMG_2790.jpg
ガードレールの柱とガチンコ勝負した結果がこれだよ!


とりあえず親に迎えに来てもらってこの日は終了。
いやいや自身のケガが擦り傷だけで済んだのはホントに運が良かった。
けどその分、バイクには申し訳ないことをした…。



翌日、夢久留米から連絡があった。
どうやらカウル回りだけでも軽く10万超えるらしい。全替えだと30万とか。
ちょふざけんなw無理ゲーすぎるだろjk。
悩む間もなく「じゃあ廃車で…」と伝え、後日簡単に査定してもらうことに。
ごめんよ相棒。今の俺にそんなお金の余裕は無いんだ…


んで更に翌日、とりあえず査定価格が判明。10万円なりー。
ある程度予測はしていたがこんなに安いのか…
「すいませんもうちょっと考えさせてください…」とだけ言い、考えることに。





今のバイクを売り払えば、職が見つかるまではしばらくバイクに乗れない。
それに10万程度じゃ今後の生活の足しにもならない。

なにより今の自分にとってバイクが無いことがつらい。
もちろん他にやることはたくさんあるのだが、やっぱり気分転換で
バイクに乗るとホントに楽しいからだ。ストレスもぶっ飛ぶ。
バイクは、今の自分に大きな刺激を与えくれたのだ。
そんな相棒をみすみす見捨てることが、どうしてもできない。






んで数日後、結論「今のバイクを自力で直す」ことにした。

幸い求職中&普通自動車免許教習中と言えど時間があるので、
ちょくちょくといろんなところを直していくことに。
すぐさま夢久留米に連絡し、引き取りにいった。

夢久留米の人も自分の決断には少なからず賛同してくれた。まぁ当然っちゃ当然だが。
なによりエンジンとかフォークは全然無傷だからね(*ω*)


まずはカウルを直して公道走行が可能な状態にしなければw
カウルとかは簡単な傷物程度ならオークションで激安だし、
費用もETC売ればある程度工面できるから多分大丈夫だろう…
待ってろ相棒、必ずまた綺麗な姿に戻してやるからな…!



時間は少しかかるかもしれませんが、ちょくちょく直していこうと思います。

だからしばらくはバイク修理日記が中心ですw
新しくカテゴリ分けした方が良さそうだな…。



2009.06.15

今こそ話さねばなるまいpart.1

大分間が空いたけど一応書いとこ。

先週の6月6日。天気もよくこの日は長崎ツーリングを予定。
相変わらず朝は寝坊したため、またもや軍艦島上陸を断念(またかよ!
どんだけ急いでも間に合わないのでまったり高速で長崎へ向かうことに。
途中出会ったガス欠寸前のX-4のおっちゃん大丈夫だったかなー。

とりあえず時間つぶしに長崎県立美術館に立ち寄ってから
余った時間で野母崎までちょろっと走ることに予定変更。

このルートがまさかあんな不幸を呼び起こすとは…


野母崎の先端に到着後、折り返し県道34号線で島原に向かうことに。
さぁ本日のメインディッシュだとワクワクしながら走る。
そんな道中、連続するヘアピンをホイホイ走る俺、…と。



アッ-!!



右カーブを走行中突如後輪がズルッ☆
コケました。見事に走行ゴケをカマしてしまいました。
これまで立ちゴケはなんとかせずにいたのですが最初の転倒が走りゴケとは…

2~3mほどハードなスライディングをかましてバイクも自分も停止。
転倒後、まずはすかさず自分の負傷度チェック

○頭……………無傷。ヘルメットにも傷一つ付いてない。不幸中の幸いか…
○上半身………右に転倒したため、肘の部分と肩の部分はボロ衣にグレードダウン。
       ただ運良くパッドのある部分だったので他に痛みとかは全然ない。
       ライディングジャケットすげぇ。
○下半身………ジーンズは文字通りダメージ加工。左は問題無しだったけど
       右膝をおもいっきり擦りました。血が滲んでます。あと少し内出血。

すげぇほぼ無傷じゃん。あんだけ豪快にスリップダウンしたのに。
でもジーンズは…やっぱダメだなw今日に限って皮パンじゃないし…。


んでお次はバイクの方に目をみやる。

…なんかガードレールの柱にフロントが食い込んでるんだが…(^ ^::;;;;;;;)
どういう原理か知らないがガードレールと道路の間にうまく滑り込んで
更には先にあったガードレースの柱に食い込み、止まったようだ。


とりあえずエンジンは元気に回っていたのでキルスイッチでOFFに。
慌てて起こそうとするもビクともしない。うわ面倒くせぇw
必死に起こそうとしてる途中、ちょい年上の2人組のお兄ちゃんが
軽自動車を止めて引き起こしに協力しにきてくれました。


ガチムチなA「体の方は大丈夫ねー?」

musub「わざわざすいません…体はなぜか無事です(*ω*;;)」

ナウでヤングなB「(バイク見て)わぁこりゃひどかねー」

ガチムチなA「とりあえず引き抜かんといかんね」


ひとまず大の大人3人掛かりでバイクを隙間から引き抜く。
これが思った以上にかなり大変だった。
ステップとかペダルとかハンドルが引っかかってなかなか抜けない。
途中ガードレールを外そうとする兄ちゃん達。
気持ちはかなり嬉しいのだが…それは無理だろw



んで炎天下の中格闘すること30分ちょい…なんとか抜け出せた。
抜く途中やたらいろんなところをガリってしまいそこら中が傷だらけ。
とりあえず安全な場所にバイクを移動し、お礼を言いまくる。


musub「すいませんこんな暑い中…ホントありがとうございました」

ガチムチなA「気にせんで良いよ。あと暑かろうけんこれあげるよ」

ナウでヤングなB「そこの木陰で休んどきー。じゃあね」


気遣ってか、新品のお茶をもらった。その心遣いにマジ涙目(;ω;)
人ってこんなに暖かいんだ…!僕はここにいていいんだ…!





兄ちゃん達が走り去っていった後、とりあえず保険屋と警察に連絡。
んでポリスメンがくるまで原因考察。


カーブで減速途中、一瞬後輪が少し浮いた感じがあった。
多分ギャップで少し浮いたんだと思うがここまでは良い。
この後だ、このあと急に後輪がズルッ☆といってバタンQしたわけで。

そこでふとバイクに目をやると、後輪に白いペンキ後が…。
んで道路の中央にあった方向指示標には黒いタイヤ跡…はい決定。
やっぱり最初の感覚通り、急に舗装標示上に乗ったせいで、
グリップが保てず滑った、ってので間違いないようです。
速度は40kmくらいだったし。あのカーブなら何ら問題なかったのになぁ。
うーんツいてないなぁ…。てかもっと減速するべきだったのかな。



そんなこんな考えてたら汗だくだく、たまらずもらったお茶を飲む。
…なんかすげー落ち着いた。頭も相当にヒートアップしてたんだろう。
兄ちゃん達からもらったお茶はぬるくてもそれを少しさますには十分だった。




後半へ続くー…
2009.06.14

いろんなバイクに乗ってみた

5月23~24日に大分のオートポリス&HRS九州で試乗会をやっていたので
ここぞとばかりに乗りまくってみました。

で、簡単な感想を書き殴ってみます。全部シロートインプレですが(*ω*;;)
なお、順番とか気にしたら負け。そして長文必死w



th_Ninja250R.jpg

カワサキの新しいクォータースポーツバイク Ninja250R

乗りやすい、見た目はガンガン攻めるスポーツバイクのようですが
乗った瞬間ポジションが楽すぎてあっけにとられます。ハンドル高っ!
セパハンなスタイルに憧れる人は拍子抜けるかも。
さすがにこの見た目でコレは違和感あるなぁ。ちぐはぐ。
ただ実際走るとなるとブイブイ回せるクォーターらしい楽しさも。
レッドゾーン近くまで回してレーサー気分が手軽に楽しめます。
ハンドルも軽く、切れ角も十分。峠でも案外楽しめそうなバイクでした。
安いしね。新車で52万ちょいだし。ってか機種名に「Ninja」ってどうなのよ…。



th_FZ1 fezer

ヤマハのスポーツツアラー FZ1 fezer

さすが大型ツアラーだぜ!ポジション楽だし、ハンドル曲がるし超乗りやすい。
それでも同じスポーツツアラーであるCB1300SBよりもコンパクトなのも○。
ただ自分がそれに近いタイプのバイクに乗っているせいか、目新しさは無い。
もちろん排気量がデカイからまわせばぶっ飛ぶし、その辺の楽さもあるけど…
カラーリングはさすがにデザインにこだわるヤマハ、といった感じで高級感があります。
気なるのはそのスクリーンの形状。ぶっちゃけ風防効果あるの?みたいな…
あとフロントマスクの形状は結構好みが分かれる所?個人的には嫌いではないです。
フェザーだとカッコいいのに兄弟機のFZ1は結構チグハグしてるんですよね。
柔らかいカウリングってネイキッドには相性の悪いのかな?
ちなみにどうでもいいことですが、ヤマハで一番乗ってみたいのはVMAXですw



K1300R.jpg

BMWの誇るパワーネイキッド K1300R

これはもう目からウロコでした。すげぇ良い。何もかもいい。
ポジションも高過ぎるわけでなく、かといってスパルタでもない。
なんか手強そうだなーと思ってたのに、全然拍子抜けした。
どの回転域からもモリモリ加速する凄まじいまでのトルク。
そして加速すげぇもん、ちょっと目を離したら150近くいくよ(*ω*;;)
ちょっとハンドルもっさりしてたけどまぁこの排気量だからこんなもん?

しかもこのバイク、シフトアップをペダルいじるだけで行う自動装置付。
まさにツーリングライダーが一度乗ったら離れなくなるともいわれるほど、
ツアラーに強いBMWのポテンシャルを垣間みることのできる一台でした。
いやーさすがは大人のバイク(偏見?

ただコミコミで200万…やっぱ外車は高いなぁ。



th_F800S.jpg

同じくBMWのミドルクラスバイク F800S

ポジション、乗り味ともにK1300R譲りの乗りやすさ。こりゃあいい!
だがハンドルはさらにもっさり感アップ。どういうことなの…
ただなんか見た目がちょっと安っぽくないか?俺だけ?
価格もK1300Rと比べると半分近いが、なんか細部がチャチな様な。
パワーは日本で走るにはこれくらいでも十分過ぎる程あります。
手軽にBMWを楽しみたい人はおすすめな車両かも。
ボクサーエンジンじゃないから転倒時の心配も少なくて済むしね。



th_Ducati 1098R

イタリアの名門 DucatiのSS 1098R

ついに来た、こいつに乗る時が…。外車バイクでも特に有名なDucati。
んでその中のスポーツバイクでもトップに座する「R」を冠する1098です。
今回の試乗会はコイツに一度乗るために来たと行っても過言じゃねぇ…。

DucatiのSSなんていったらもうアレですよ。身構えるわけですよ。
「手強いぞ」と。要は乗り手の技術も求められるめんどくさいバイクなのだ。
そんなめんどくささ以上に愛している人間こそがDucatiに乗るんだ。と思ってる。
(ここらへんはハーレーとかと似てるところかも)

でそんな印象をふまえて一言。やっぱりつらい、つらすぎる…

やたら高いシート+やたら遠い&低いハンドル位置に加え
かなり重いクラッチ+低速のスカスカトルク+高重心
これだけの要素がふんだんに盛り込まれているせいか、
試乗コースを2週走っただけで腰と腕がキツいw(*ω*;;)
もっと乗りやすいのかな、という自分の見解が甘かった…

もちろん一度スピードに乗るととんでもない加速が待っています。
んでもなんかハンドル曲がらないんだがw寝るけど思ったより曲がらん。
とにかく一癖も二癖もあるバイクです。乗りこなせたらかっこいいだろうなー。
で気になる価格は472万というぶっ飛びぶり。誰が買うんだw
これまで温めてきたDucati熱が一気に冷めた瞬間でした…。
スタイル超かっこいいけどね!見てるだけでお腹いっぱいです。
きっとこのスタイルだけで買う気になる人も少ないはず!



690duke_o.jpg

オーストリアのメーカーKTM社の 690Duke

シート高、おまけにステップの位置も変。
というかオフ車のポジションに近いのかな?かなり違和感。
いままでそういったバイクに乗ったことが無かったのでこの姿勢は衝撃。
えらい背筋が真っ直ぐになるんだが…。
なんか姿勢がつらく、操作もチグハグにしかできませんでした。
でも結構パワーあるなぁ。低速はツインだからやっぱし弱いけど。
んーあんまり興味ないかも…これなら国内車で事足りる気がする(*ω*;;)
人気もそんなに無かったなぁ。そりゃ回りに1098RとかRC8Rとありゃ
みんなそっちの方が乗りたいに決まってるわなw



KTM RC8 R

オフロードに強いKTMの初のSS 1190RC8R

これは結構に衝撃でした。なんといってもそのデザイン。これに尽きる。
Webで見た時は「うわ超だせぇ」なんて思ってタカをくくっていたんですが、
現物を見た瞬間、「ナニコレ超かっこいいじゃん」なんて様変わり。
テールのエッジなんてアレですよ、銃刀法に引っかかるんじゃねぇかってくらい
鋭いんですよ。かっこいいのなんのって。GPマシンみてぇ。
おまけにフロントの顔つきなんて完璧に個性の塊じゃん。最高。

んで驚いたのがそのポジション。
先ほど1098Rに乗ったせいで「外車はポジションキツい」なんてイメージが
出来上がりつつあったんですが…これ、かなり楽です。
シートは言う程高くなく、173cmの自分ならかなり余裕のつま先立ちです。
でハンドルもそこまで遠くなく、高い位置にもあるので全体的に余裕がありました。
なんでコーナーとかは割と初心者でも楽しめるポジションです。
でもタンクが結構でかいのでアグレッシブな走りには向いてないのかも。

そんな初心者にも優しいRC8Rですがそこはリッターツイン。
Ducatiにも同じことが言えますが走りには若干の癖があります。
690Dukeもそうでしたが低速のトルクが弱すぎる、2000回転以下は
半クラで維持しないと確実にエンストコースです(*ω*;;)
ただ2速3500回転を超えると性格が豹変。凄まじい加速を始めます。
この回転粋だと街乗りじゃぁかなり気を使う気がする…

ただ、タンクの角にパッドが標準装備してあったりしてるあたり、
さすがオフ車で牽引してる企業だけはあるなーと感じることができました。
エンジンも転倒に強そうだしね。ちょっと欲しいかも。
価格は新車で240万くらい。軽自動車が2台買えます。
んーもうちょっと安けりゃあなぁーw 140くらいなら考えるかなw



CBR1000RR.jpg

ホンダを代表するスーパースポーツ CBR1000RR

これまた一度は乗りたかったバイク。08年にフルモデルチェンジされ、
顔つきが一新してまぁるくなった感じのCBR1000RRです。
前モデルに比べ、マスの集中化が見直され、中央によった感じなスタイル。
そのため見た目はぐっと小さく感じ、兄弟機の600よりも小さく感じます。
で、軽いんだこれが。自分のボルドールよりも軽いとかどういうことなの…
エンジン排気量は倍以上の積んでるはずなのに…(*ω*;;)
スタイルはわりと賛否両論ですが個人的には前モデルも今のモデルも好みです。
そして今流行りのミラーウィンカー。コケると高いw

外車のSSと比べると、断然乗りやすい。さすがホンダ、分かってるねー。
ポジションもリッターSSとは思えない楽さ。クラッチレバーも軽いしね。
ただちょっとステップが前のめりにある様な気も。ちょっと違和感。
そしてハンドルは曲がる、よく曲がる。そしてバタバタと車体が寝ます。
峠ってかワインディングは楽しいだろうなーこのバイク。
ブレーキもカックンじゃないマイルドによく効く制動性でした。

国内仕様だけあって外車並みのパワーは感じられませんでしたが、
それでも十分過ぎる程でした。てか公道走るのにこれでも危なくね?
アクセルひょいっと開けたら馬鹿みたいに加速するし。
なにげに次のバイク第一候補にあがりそうなバイクです。
だってバランス良いもん。フルパワーみたいな怖さも無いし。

(九州ではレプソルカラーをかなりの頻度で見ることができますw)



CBR600RR.jpg

ホンダのCBR1000RRの兄弟機 CBR600RR

こちらも近年モデルチェンジされたバイクですがスタイルは大きく変わらず。
前年の「これぞSS」というようなエッジの効いたスタイルを堅持しています。
ポジション的には1000RR(以下兄貴)とそこまで変わらないものの、
全体が小さいので姿勢自体も全体的にややキツく感じます。街乗りはキツいかも。
そして兄貴よりもさらに軽い車体、女性も安心の軽さです。
(ちなみに教習車でもあるCB400SFより10kgぐらい軽いです)
そう考えると小柄な女性が気軽にSS楽しむ分にはいいのかもしれない。

ハンドリングですが相変わらず良く曲がる、そしてよく寝る。
パワーも兄貴程じゃないが十分な加速感。どこからでも吹け上がるねぇ。
曲がってる時は一番楽しいバイクでした。こりゃ完全にコーナリングマシンだな。
価格も割と安い方だし(てかこの安さでこれほどの性能のバイクが!?て感じ)
経済的な部分考えたらこのバイクが一番現実に近いのかな?
兄貴には無いワークスカラーもあるしね!
モビスター、コニカミノルタ、ハンスプリーテンケイト…。
個人的にはハンスプリーが一番かっこいいと思う。




以上、2日かけて一気に乗りつぶしてみました。わー適当なインプレだなーw
まぁ乗り手自体超初心者だし、何の参考にもならんでしょう…

これからも時間と余裕さえあれば、いろいろ乗ってみたいと思います。


とりあえず試乗会の一コマを適当に

th_IMG_2604.jpg th_IMG_2606.jpg th_IMG_2607.jpg

th_IMG_2678.jpg th_IMG_2679.jpg

2009.06.13

さらにツーレポ(てか思い出話)part2

前回のつづき。


朝6:00に起床後、早速支度してペンションをチェックアウト。
今回利用したペンションは阿蘇白川にある「星降る里『 響 』」という宿。
部屋もキレイで素泊まりには十分過ぎる程でした。
ただ、地元の焼酎が飲めなかったのが心残りですがw


th_IMG_2660_20090613043023.jpg

森に囲まれた静かなところです。


さて、まずは阿蘇パノラマラインを通って阿蘇中岳へ寄り道することに。

しかし阿蘇の中でも一番走りたかったこのルート。
外輪山ルートには無い爽快なワインディングが楽しめました(*ω*)

しかも早朝とあって空気も澄んでおり、天気もよかったので
途中、展望所でバイクを止め、カメラをパチリ。


th_IMG_2672.jpg th_IMG_2661.jpg

th_IMG_2663.jpg th_IMG_2664.jpg

th_IMG_2671.jpg


で間もなく阿蘇中岳火口入り口に到着。
…もちろん早朝とあって閉鎖されていましたw
しょうがないのでその後、は仙酔峡で景色を堪能した後、
近くのコンビニとGSで朝食&給油を済ませた後、HRS九州へ。
ルートは途中までは前日と同じ道で大津へ向かいます。

いやぁ楽しかったですよ試乗会。人もいっぱいで大盛況(*ω*)
CBR1000RRとか自分のバイクより小さいのに馬力3倍近いとかw
てかやっぱりイベントになると人気有る無しがはっきりと分かりますね。
並ぶ人の数が違うもんよ。CBRとボルドールは特に多かったし。
まぁそんなこんなで適当な走行インプレは後日あげます。



昼前にはHRS九州を出発。
ここで謎の欲が出てきて前日のオートポリス試乗会で乗れなかった
車両に今度こそ乗るべく、またもやオートポリスへ(*ω*;;)
無事欲求を満たし、次は早朝に立ち寄った阿蘇中岳を目指します。


th_IMG_2686.jpg th_IMG_2622.jpg

天気がだんだんと微妙な感じに…


既に昼過ぎとあってか、更には日曜ということもあり、いろんな所でバイクを見ます。
(九州の中でも特にライダーに好まれるスポットなんでそんなもんか?)
中には大阪ナンバー等も走っており、遠方から来られた方も多くいるようです。


そして大観峰そばにある国道212号線から南下し、そのまま阿蘇パノラマラインへ。
もう咲き頃と思っていたミヤマキリシマがまだ5分咲き程度だったのが少し残念…
とりあえず一度も停まらずにそのまま阿蘇中岳火口へ。

料金所で100円(金とるのかよ!)払い、阿蘇山公園道路へIN。
ここの道はさっきまでの自然に囲まれた風景と違い、
まわりは岩肌の露出した荒々しくも広大な風景に変わります。


th_IMG_2691.jpg
th_IMG_2696.jpg

曇りと噴煙でひでぇ煙ったさでしたw

天気も曇り空だったのと火口からでる噴煙の量が多く。
火口の奥までしっかりと見ることはできませんでした。
しかもなんか臭い。まぁ火口付近なんで怪しいガスが出ててもおかしくはないけど。



んで15時頃、火口を出発。なんかガスの吸い過ぎでちょっと気持ち悪い。
とりあえず空腹も凄まじかったので草千里ヶ浜にあるレストハウスで昼食。
んで、そのまま大観峰へ向かいます。
(ホントは早めに帰る予定だったけどやっぱ行きたくなってしまったw)


阿蘇って天気悪いともったいないところだと心底思う。
せっかくの大観峰も曇り空じゃその凄さを伝えられない…

th_IMG_2708.jpg

大観峰は天気が良いときに行きましょう


このあと、「みんな大好き」やまなみハイウェイから四季彩ロードを経由し、
九重ICに乗って家路につきました。自宅到着時刻は18時前。
疲れもそれほど無く、良い感じのペースで走りを楽しめた2日間でした。



ピクチャ 3



総走行距離 536km
燃費 約18.3km/l
街乗りが意外に多かったから燃費ちょっと悪いな…

【C地点】熊本城所在地。かなりでかい。

【D地点】宿泊先の所在地。静かな良いところでした。

【F地点】オートポリス所在地。山々のど真ん中にあります。

【E・H地点】Eが仙酔峡付近、Hが阿蘇中岳火口付近。

【I地点】みんなご存知大観峰所在地、地図だと入り口分かりにくいw



気がついたらいつの間にか総走行距離が6000km超えてた(*ω*;;)
記念写真撮るの忘れたぁぁあああああアッ-!


阿蘇は何度きても良いところです。
自分もバイクも満足できるところ、また近々行きたいと思います。

2009.06.13

さらにツーレポ(てか思い出話)part1

またもや微妙に放置してツーレポのおでましだ!

今度は5月の23~24日にかけてのお泊まりツーリングになりました。
向かう先は熊本阿蘇。別に泊まらずとも良いっちゃあいいんですが、
オートポリスでの試乗会とホンダの試乗会参加を考えると
泊まった方が楽かなー、なんて思った次第です。
(試乗したバイクの簡単なインプレは後日あげますよ)

てなわけで23日午前8:00、いつものように支度してGo(*ω*)
この日はなぜか皮ジャケに皮パンという謎の気合いっぷり。
まぁ転倒時に、抉られずにすむからねー、皮だと。

そんなこんなでとりあえずオートポリスに向かうため、
日田ICから国道212号線→県道647号線→同12号線と進みます。
212までは良かったけど647に入った辺りから民家の中や荒れた舗装路
を走るようになるので割と気を使うルート(*ω*;;)
オートポリスには一直線で行けるけどねー。


んで9時過ぎにはオートポリス到着。
人生で初となるサーキットコースを目の当たりにしました。
てか走行してるバイクむちゃくちゃ速えぇwさすがはレーシングバイク…
耳をつんざくエキゾーストを響かせながらの走りは正直ビビりました。
(何kmでヘアピンに突っ込んでるんだろう、100前後くらい?)

しばらく目の前を一瞬で通り過ぎるレーサーを眺めた後、
試乗会の行われているコース中央のレイクサイドコースへ。


向かったのが10時前後だったので既に人だかり…

th_IMG_2593.jpg

各社がいろんなバイクを出していたのでいろいろ楽しめました。
(でもなぜかアプリリアだけには乗りませんでしたw)





んでいろんなブースを見た後、サーキット内の露店で朝食を済ませて
昼過ぎにはオートポリスを後にし、次の目的地熊本城を目指します。

th_IMG_2622_20090613042938.jpg th_IMG_2626.jpg

ミルクロードの途中にある北川休憩所にて。
天気は微妙な感じでお世辞にも清々しいとはいえませんでした。



これが意外に遠い…
ってまぁ確かに下道だし、日田IC~オートポリスより若干長いからなぁ。
大津ぐらいまでは良かったんですが、熊本市内に入ると急に交通量が増え、
かなり気を使いました(*ω*;;)


んで15時過ぎにようやく熊本城に到着。
てか城内に普通に公道があるのってここくらいなもんじゃね?
とにかく全国的にもスケールのでかい熊本城です。

th_IMG_2638.jpg th_IMG_2641.jpg


んで、最近できた話題の本丸御殿にも行きました。


th_IMG_2642.jpg th_IMG_2651.jpg

あんまり中見せちゃうと面白くないのでこんだけ。
中はとても綺麗でかなり見応えがありました。おすすめ!



最近は外国人観光客も増えているみたいで、いろんな海外の方が
記念写真を撮ったり、ガイドを受けたり、お茶をすすっていたりしました。
あと余談ですが新設された休憩所の緑茶が超うまかった。



熊本城を出たのは17時前、宿泊先は阿蘇の白川にあるので
すぐさま阿蘇へ向かいます。

ルートは先ほどきた道を行かず、熊本市内の南東にある国道57号線から
県道36号線→県道206号線→県道28号線→俵山峠のルートで行きます。
このルートは地元ライダーの方が阿蘇へ南方から行くときに
よく使うルートらしく、流れも良い快走路でした(*ω*)



んでサクサク走って白川に到着したのが18時前。
とりあえず宿泊先のペンションでチェックインを済ませます。


その後は近くの温泉施設やら食事処やら巡ってその日は終わり。
時間は思ったよりもシビアでしたが、そこまで走ってない様な気がする(*ω*;;)
まぁ明日、早朝から走るつもりなんでその日は明日の走行ルートを確認し、
いつもは絶対に寝ることのない午後11時には寝床へ。




part2へつづけ
2009.06.10

ゴメス

近々アップとかいいながらどんだけ放置してんだ俺w

とりあえず一気にアップです。
まず最初は先月行った萩~秋吉台のレポどぇす(*ω*)

実はこんとき最初は長崎の軍艦島上陸をするべく朝9:00のフェリーを
予約していたんですが、当日起きたのはAM8:00。
どう考えても間に合いません本当にありがとうございました。

てなわけでどうしようか迷った挙句、突然頭に「松陰先生」が

あっ萩いこう。と思い立ち、咄嗟の準備で飛び出しました。
写真はアルバムの方にも掲載済みなので簡単に(*ω*)


th_IMG_2444.jpg th_IMG_2453.jpg th_IMG_2427.jpg


んで、萩探索後、これまた思い立って秋吉台へ(*ω*)
やっぱり地元のライダーには人気の場所らしく、秋吉台入り口にある
大正洞付近のレストハウスには大勢のツーリングライダーが。
中には純粋に走りを楽しむ人もおり、何度か往復走行してる人もいました。
(国内4社の直四レプリカを一同に見れたのは僥倖w)
てか攻めるのは良いけど気をつけて運転してくださいよー(*ω*;;)

あと、秋吉台通過後にはこれまた気分で秋芳洞へIN。

th_IMG_2483.jpg th_IMG_2468.jpg th_IMG_2493.jpg


これは秋芳洞の内部です。結構寒いんで驚きました。
外はかなり熱かったのに…


th_IMG_2506.jpg th_IMG_2503.jpg



いやぁとにかく全部思いつきで行ったんですが、全部良いところでした。
時間があればまた行きたいところですね。

でもかなりケツいたくなった(*ω*;;)
…今度は大型に乗り換えてから行こうと思いますw


ピクチャ 2


総走行距離 422km
燃費 約20km/l

【B地点】行き先で休憩した王司PA

【C・D地点】高杉晋作師匠、吉田松陰先生の地点、いわゆる萩ど真ん中

【E・F地点】Eは秋芳台入り口にある大正洞付近のレストハウス
      Fは秋芳洞の場所です。

【G地点】帰る途中、下関ICで下り、親戚の家へアポ無し突撃w


萩いいなぁ、老後はあんなところで住みたいです。
九州人も是非一度行ってみよう!秋吉台とかは特に楽しーです!(*ω*)

2009.06.04

うーん…

なかなか更新する暇が取れない…

あっ一応近況報告。
3日より普通自動車免許を取りに行くことになりました。
しばらく取るつもりが無かったんですが、
様々な事情が重なり、今なら時間もあるので取っておこうという話に。
まぁ、後先必ず必要ですからね。
自動二輪取った後に車とか普通逆だろjk...


なんで就職活動しつつ教習…がしばらくの平日styleです。
できればいつまでも続いてほしくない過ごし方ですw

土日は良いんですがねー。
地元のソフトもやり、ツーリングにいったりとそれなりに過ごしてるし。
カメラの使いどころが前と比べて減ったけど…。
(最近になって一眼をかなり持て余してることに気がついた)

さて、身の内話とかしててもしょうがないですね。
とりあえず近々まとめてアップします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。